FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
遅めの朝食のあとは、内宮さん周辺を散策。

内宮の別宮、月読宮。
昨日行った外宮の月夜見宮と対をなすお宮さんです。

ss-20120211-IMG_2177.jpg

ここには、天照大神の弟さんの月読尊(ツキヨミノミコト)と、この姉弟の親であるイザナギノミコト、
イザナミノミコトが祀られています(難しい漢字なのでカタカナで表記)。
とくにイザナギ、イザナミは国創りの祖となった神さま。
当日は建国記念日だったこともあり、特別な神事が行なわれていました。

日なたはあたたかいけれど、お宮のあるところは深い森のなか。寒い。
神事が終わるまで見ててもいいよって門衛さんににこやかに言われて
なぜか列の前のほうへ誘われる・・・そ、そんな心遣い・・・ありがとうございます。(寒)

ss-20120211-IMG_2180.jpg

神事終了後は、それぞれ参拝。

ss-20120211-IMG_2182.jpg

ss-20120211-IMG_2186.jpg

季節が何なのか分からなくなるくらい鎮守の森は蒼く深く、吹き抜ける風は爽やか。


近くの喫茶店でコーヒーを楽しんだあとは、ちょっと足をのばして倭姫宮(やまとひめのみや)へ。
こちらも内宮の別宮のひとつ。
倭姫は、各地を巡って、天照大神を祀る場所(内宮さん)をこの地に創建した皇女さま。
内宮や外宮から少し離れた丘にあるため、訪れる人はほとんどいなかった。

ss-20120211-IMG_2193.jpg

ss-20120211-IMG_2195.jpg

ss-20120211-IMG_2197.jpg

信じる神さまは人それぞれ。
人によって神さまのいる場所は、空の上かもしれない。
心の中かもしれない。特定の場所かもしれない。

古い神さまがたくさん祀られている場所、伊勢。
ここでは、空にも森にも石にも水にも、人の心にも、どこにでも神さまがいるように思えた。



ss-20120211-IMG_2209.jpg

建国記念の日でごった返す内宮さん前へ帰ってきた。
送ってくれたタクシーのおじちゃんも、「もう渋滞がすごいよすごいよ!(出川?)」みたいな感じで
かなりコーフンしており、ほんとに地元の人しか通らないような細道を通って、
短時間で送り届けてくれた。ありがとう。やっぱり特別な日なんだねー。

参道に栄えたおはらい町・おかげ横丁は、身動きもできないほどの混雑ぶり。
なので写真がありません(゚Д゚)
そばを流れる五十鈴川の川辺に下りて、ようやくひと息。

息をととのえてから、イザ!赤福のお店へ突入ー。

ss-20120211-IMG_2210.jpg

昨日も食べたけど、毎日食べたいの!!←誰に言い訳

その後、おかげ横丁に入り、前回おみやげをたんと買った招き猫のお店 吉兆招福亭 へ。

ss-20120211-IMG_2212.jpg

店内、あまりの混雑で、一周したら自動的に出口からぽん!と外に出てしまった。アレ?
また来よう、という希望を込めて今回はおみやげを諦める。

手作り時計の露店で、店主のおにいさんに何やかやと声かけられたり、
すし久 で、ひつまぶし食べたり。

ss-20120211-IMG_2215.jpg


夕方になって冷たい風が吹くようになるにつれ、お客さんも少しずつ減ってきたかも。
そして、私たちの帰る時間も・・・迫っているのでした。

夕暮れ色に染まる伊勢市駅。

ss-20120211-IMG_2216.jpg

こういう時間に旅先を出るとき、何だかいつもシュンとする。

ss-20120211-IMG_2219.jpg

ss-20120211-IMG_2220.jpg

名古屋行きの電車に乗り込み、だんだん薄闇に見えなくなってゆく伊勢を眺める。

ss-20120211-IMG_2232.jpg

ss-20120211-IMG_2230.jpg

さようなら。
また来る日まで。

ss-20120211-IMG_2226.jpg
2012.02.11 Sat l たび l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。