FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
まあ、すでに6月に入っているのにGWの記事もないと思うのですが・・・(汗
写真が少しあったので。

GW後半は、宿場めぐり。一番始めは、長野からちょびっと岐阜に遠征して馬籠宿から。
馬籠(まごめ)→妻籠(つまご)→奈良井(ならい)と、京の都から見たら下ってくるコース。
渋いでしょ。


馬籠は坂の宿。恵那山の稜線がすぐ近くに迫ります。

ss-20130505-IMG_3475.jpg

ss-20130505-IMG_3480.jpg

ss-20130505-IMG_3481.jpg

朝早くに突入したので、あまり人影もなく。

え・・・ ひ、ひとかげ・・・???

ss-20130505-IMG_3488.jpg

ギャアアァァアアアァア━━━(;゚;д;゚;)━━━!!!!コッチミンナ━━━!!!!


ss-20130505-IMG_3493.jpg

ss-20130505-IMG_3502.jpg

馬籠と妻籠は隣の宿なので、古い中山道沿いに歩いていくことができます。
片道およそ8キロ。帰りは路線バスを使うこともできますが、1時間に1本あるかないか。
徒歩で山道往復16キロは、ちょっとキツイ。
途中で峠越えもあるとかないとか。いや、あるんだ。あるんだよ。

ss-20130505-IMG_3545.jpg

ss-20130505-IMG_3539.jpg

ss-20130505-IMG_3527.jpg

無理だ。引き返そう。食べ物持ってないし。(←大事)

ss-20130505-IMG_3549.jpg

芽吹きと花と若葉のモザイク。山桜がまだ満開。

ss-20130505-IMG_3543.jpg

美味しいおそばやら、栗きんとんアイスやら、栗おこわやら、おやきやらいろいろお腹に入れて。

次の妻籠宿に(車で)やってきました。

ss-20130505-IMG_3577.jpg

ss-20130505-IMG_3596.jpg

ss-20130505-IMG_3605.jpg

妻籠は、馬籠のように山すそに広がっているわけではなく、峠の宿なので眺望は望めませんが
宿場の人々がみんなで盛り上げてる感じがして、好きでした。

あちこちで、ここ南木曽(なぎそ)に古くから伝わる伝統工芸の実演をやっていて、中々前に進めない。
おじいちゃんやおばあちゃんの年季の入った働き者の手が作り出す技の数々に、ただ見とれるばかり。

近くの和紙やさんで漉いている和紙をこよりにして、お馬を作っているところ。

ss-20130505-IMG_3590.jpg

口あけて見てたら、おばあちゃんに声をかけられた。
一枚の細い和紙を渡されて、こよりにしてみなさい、とのこと。
こ、こより・・・ティッシュでしか作ったことない・・・(鼻アナ専用)

あ、あう。あうー。

で、できない。難しい!!!

私が苦戦してたら、いつの間にかまわりに人だかりが。
すぐ後ろで覗き込んでいたおばちゃんに「一緒にやってくださいよー(泣)」て言ったら
「あらやだよ、難しいんだよ、こよりは・・・」と逃げられた。
やっぱり難しいんだね。orz


他にもいろいろな工芸品や民芸品がありますが、ここで私がずっと探してたものを発見!!

南木曽のねこ です。

山小屋のストーブの前で装着した模様。(携帯で撮影)

ss-20130506-DSC_0269.jpg

ねこ↑なのか、ねこ↓なのか、正しいイントネーションがいまだに分からないのですが、
とにかく背中のわたわたが軽くてあったかい!
ランドセルみたいに背負うようになっているから、袖や脇の邪魔がなくてとっても良い。
一つ一つ手作りなので、気に入った柄やサイズを探して歩くのも楽しいかも。

で、妻籠に戻りまして。

宿場といえば、大名や旗本など身分の高い人が泊まった「本陣」を見たい。(枯れた趣味)
妻籠にも復元された本陣があり、明るい陽射しに乾いた風が吹きぬけて、お座敷が気持ちいい。

そんななか。

この日一番のおっかない思いをした瞬間。

ss-20130505-IMG_3592.jpg

カ、カメムシーーーーーー!!!!ε=ε=ε=((((。>д<。)ノノクサイ

達筆のカメムシに脱帽(そこかよ)



いなかったけど。


次の奈良井を目指して、山道をどんどこひた走る。
途中の集落を抜けるとき、ときどき小さな宿場の地名が目に付いた。
観光地化してなくても、街道沿いに栄えていた名残を感じて、何だかドキドキした。

妻籠から下ること1時間あまり。

奈良井宿に着きました。

ss-20130505-IMG_3611.jpg

ss-20130505-IMG_3632.jpg

ss-20130505-IMG_3620.jpg

観光客が減り、夕闇迫る。

ss-20130505-IMG_3639_20130603085309.jpg

日が暮れて、静かになった宿場。

ss-20130505-IMG_3680.jpg

昼間の喧騒がウソのよう。

ss-20130505-IMG_3670.jpg

微かに聞こえる。
お宿に泊まっている人たちが、美味しいご飯を食べてる笑い声。

ss-20130505-IMG_3674.jpg

暗くなると途端に冷えてくる峠の町。
風鈴の音が、まだ寒い。

ss-20130505-IMG_3682.jpg


お疲れさまでした。

調べてみたら、馬籠から奈良井まで大小あわせて10の宿場があるみたい。
それを一日で回れるのだから、徒歩や籠で旅していた昔の人にしたら、信じられないことでしょうね・・・
(滞在してる山小屋は、奈良井からさらに7つ先の長久保宿の近くなのでもっとすごい)

トシのわりに、枯れた趣味の一日でした。いつか街道あるきとかやってみたい。
2013.06.03 Mon l 信州 l コメント (3) l top

コメント

遅くなってすみません!
★Midoriさん
神奈川も東海道通ってるんだけど、こういう宿場という形で残っているところは
ほとんどないんだよねー。箱根とか小田原くらいかなあ。
中山道は、険しい山をたくさん越えてくルートだから、昔の人はほんと大変だったと思う。
老後の趣味にいいかもだなあ(〃'▽'〃)b

★ちかさん
ちかさんも行ったことおありですかー!やっぱり^^
も少し歴史的背景でも勉強すれば、もっと楽しめるのかもしれませんが、
私は相変わらず、その場の空気を楽しむタイプなので・・・
今回も道ばたモノに終始しております(笑)
2013.06.18 Tue l 野笛. URL l 編集
いい旅だぁ~
なんかさ、行ったことあるとこなのに、野笛ちゃんが撮ると、別モンのように素敵に見えるよ~。

道端の野の花や猫ちゃん、いいわぁ~~
2013.06.12 Wed l ちか. URL l 編集
枯れた趣味
いいねぇ、中山道宿場街めぐり
古地図と照らし合わせながら歩くのも楽しいね
老後にも続けられそうな楽しみが増えたね(笑)
2013.06.08 Sat l Midori. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。