FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
数日前、施設にいるおばあちゃんが、夜中トイレで転倒し手首の骨を折った。
腰もしたたか打ったみたい。こっちは打撲だけで済んだけど・・・

病院に連れていって、処置をしてもらった。
いつもワガママばかり言ってるおばあちゃんも、身体が痛いのと、
病院に来てるという不安からか、おとなしくしてた。

レントゲン撮って、診察してもらって。
最後はギプス。
折れたところをひっぱって骨のズレを直さなきゃいけない。
優しそうな、でも力の強そうなおにいさんが来て、折れたところを力いっぱい引っ張った。
おばあちゃんの大きな悲鳴があがる。そのあまりの痛さゆえ身体が曲がる。
女性の看護師さんと一緒に大声でなだめながら、おばあちゃんの身体を押さえつける。
身体をよじると、その分手首の固定に時間がかかってしまうからだ。

何度か引っ張ってようやくギプスで固定。
おばあちゃん、涙いっぱい。可哀想に。でも、頑張った。
ふと後ろを見るとハハが失神寸前。
年取った母親が痛いことされているのを見るのは酷だったろう。
外に出ていてもらえばよかった。気づかなくてごめん。

施設に戻ってからは、ご飯やトイレなどの介助をヘルパーさんにしてもらいながら
何とか日常生活を送っている。起き上がるのでさえ、ヘルパーさんの手を借りないと大変なのだ。
だけど、私がいるときは、私に抱き起こすよう言ってくる。
ボランティアでお年よりの施設の手伝いをやっていたのが、少し役に立ってるのかな。
なるべく身体が痛くないように、腰から持ち上げる。
子どものように、私の胸に頬をつけておとなしくしているおばあちゃん。
背中のシャツを握る手は驚くほど力強い。

もう、車椅子の生活になっちゃうのかな。
もう、一緒に廊下を歩いたりできないのかな。
早く元気になってほしい。
2012.06.21 Thu l ヒトリゴト l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。