上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去年の4月から始めた、青森の伝統手仕事の津軽こぎん。
農民が木綿を着ることを禁じられていた江戸時代、極寒の地で薄い麻布を少しでも厚く暖かくしようと考え出されたのが、こぎんの始まりと言われている。
麻布の粗い目を木綿糸で刺し埋めていく細かな作業。刺す人独自の様々な模様が生み出され、親から子、子から孫へと伝えられていった。
普段の農作業からハレの日に纏うものまで、暮らしに不可欠だったこぎん。
布を大事に扱ってきた津軽の人々の思いがこもった技法だ。

初めてこぎん刺しを知ったのは、近所の公園で開かれていたフリマでのこと。
骨董品やハンドメイド作品に交じって、不思議な模様の古い巾着が目についた。思わず手に取り、店番のおばちゃんに「これ…何ですか?」と身もふたもない質問をした。
「こぎん刺しの巾着ですよ」
こぎん???こぎんて??
その古い巾着の由来や、こぎん刺しの詳しいことはおばちゃんも分からず、その場はそれで終わってしまったのだが、帰宅後何だかモヤモヤして、仕舞っておいた小さながま口を何となく取り出した。
何年か前、下北半島を旅したときにおみやげで買ってきた小銭入れ。

ああ、やっぱり。これだ。

s-20150105-img14.jpg

刺繍とも違う、何だろう?綺麗だな・・・と思って買ったがま口。
あの時は、こぎんという名前すら知らなかった。
フリマで見かけた巾着の美しさを思い出し、いつかどこかで触れるチャンスがあったらなあと思った。

そして、その後しばらくして、忘れたころに機会が巡ってきた。
偶然と偶然が偶然に重なって、こぎん刺しのものすごい先生に教えていただくチャンスをゲット!!
天性のぶきっちょなので、できるかな?大丈夫かな??と3秒くらい躊躇したけど、易しい模様からゆっくり始めることに。
先生の刺し図のとおりに刺していくと、少しずつ少しずつ模様が浮かび上がってくる。
病み上がりで、普段なら何てことない糸こきの作業ですら腕に負担がかかり辛かったこともあったけど、模様が見えてくるのが本当に嬉しくて、だんだんと大きな布地に発展していった。

そして気づいた。

刺したあと、どうしよう?

どうすんだ。

加工するスキルなんて、さらに皆無。

と、思っていたところに、要塞好き じゃなかった、洋裁好きな知人登場。
彼女は独学ながら、小物から洋服、浴衣、大きなパッチワークまで何でもこなす。
おおおおおおおねがいします、弟子にしてくだせえええええええ!!!!

いつぞやブログに載せた、コチラのこぎんちゃん。

s-IMG_1978.jpg

ヒィヒィハァハァしながら、こんな形になりました。

s-20150105-img15.jpg

さすが生地を厚くするこぎん。
端と端を合わせると、ビックリするくらい厚みが出てワギワギする。
「ねぇここワギワギするよ?すごくワギワギする!」といくら訴えても、「ワギワギって何だよwww」と笑われるだけで、ワギワギまったく解消できずにゴール。

しかし、私の汗と涙のこの鞄を見たこぎんの先生。
頑張ったねぇと私をねぎらいつつも(おい…おい…ワギワギしとるじゃないか…)と目で言ってた。すごく言ってた。
すみません。力足らず。

肩落としていても仕方ないので、いろいろと無謀にトライ。

これが、

s-20150105-img07-02.jpg

こうなって、

s-20150105-img09.jpg

こうなったり。

s-20150105-img12.jpg

パッカン口金のあいぽんケースのつもり。
ジムでのトレーニング中に、あいぽんからBluetoothで音楽聴いたりするための仕様。


ちなみに裏面。有り合わせ感半端ねぇっす。

s-20150105-img13.jpg

ジャージには大きなポッケやベルト通しがないので、苦肉の策としてクリップを投入。
一応、何やらいろいろ考えてる様子がうかがえますね(汗

まだまだ懲りずに、刺してますよー。

s-20150105-img002.jpg

何になってゆくのか、これからお楽しみ。

冬の夜は、手仕事がちょっとだけ捗る気がする。
スポンサーサイト
2015.01.13 Tue l ぶきっちょ仕事 l コメント (2) l top
新年、無事に年が明けましたので、ここでコッソリと2014年後半の振り返りをしたいと思います。

写真、あれこれ撮ってたんだなあ。(他人事のような感想)

夏。8月のお盆は、京都・奈良へ。

s-20140815-IMG_4401.jpg

お母ちゃんが一緒だったので、ゆったり行程のツアーに参加。
奈良の大文字の送り火と京都の五山の送り火の両方を見ることができました。

s-20140815-IMG_4432.jpg

毎年、限られたときだけ観相窓からお顔を出す大仏さん。
遠目で見たときは正直怖ェ!と思ったけど、だんだん神妙な気持ちに。


夏の信州にも。

s-20140921-IMG_4640.jpg

くるみそばが美味しい小諸のお蕎麦やさんで、久しぶりに看板猫ちゃんに会えた。

s-20140922-IMG_4664.jpg

秋は、谷川岳で紅葉狩り。
初めて行ったけど、一の倉沢の大迫力に息をのんだ。

s-20141023-IMG_7009.jpg

鮮やかなモザイクのような山の斜面が、とても綺麗だった。

s-20141023-IMG_7054.jpg


上半期で紹介した、レザー&レジンも着々と進化しております。

レザーは、真っ赤なベルトが完成。

s-20141231-img7264.jpg

現在は、こぎん刺しと合体した鞄を作るため、いろいろと小物を勉強中。

s-20141231-img7265.jpg

レジン教室の先生でもあり、ネッ友のちかさんには毎度お世話になっています。
レジンでレンズキャップをいじりまわすのが、だんだんと面白くなってきました。

s-20141231-img7263.jpg

富士市の街なかにある小さなスペースでやっているレジン教室に、わざわざ新幹線に乗って行って参加する。
ちょっと聞いただけでは、中々理解してもらえないことなのかもしれないけど、私にとっては、往復にかかる金額や時間なんて二の次で、ちかさんに会いに行きたいという気持ちで行動しているに過ぎない。ちかさんのところに集まる人たちは、みなさんとても楽しくて、隣県からやってきた私に驚きつつも、その一秒後には温かく包み込んでくれるのだ。

(またお邪魔します)←小声

装着しました。

s-20141231-img7266.jpg

12月には、またもやお母ちゃんと京都へ。
今度は、自由気ままな買い物旅行。清水寺から三条通界隈を行ったり来たり。

s-20141214-IMG_7139.jpg

s-20141214-IMG_7165.jpg

毎月15日にひらかれている百万遍さんの手作り市に、三度目の出動。
以前、この市で買ったニットの帽子がとても可愛くて、冬になると被っているんだけど、その手作りニットやさんに数年ぶりに会えたり(もちろん、新作帽子を一つお買い上げ)、ビッグサイトのデザインフェスタに出展していた財布やさんを見つけたり。
一泊だったけど、いろいろとおみやげが増えた旅だった。

まわりに京都好きな人が多いので、ここのところ毎年のように京都に行っている。何々通りとか言われると あの辺かなあ などと、だんだんと西と東の様子が分かってきている自分がコワイ。


年の終わりは、工場夜景散歩。

s-20141222-IMG_7262.jpg

寒かったけど、川崎側から見る工場群の夜景スポットなどを教えてもらえて、なかなか楽しかった。

s-20141222-IMG_7231.jpg

そんなこんなの2014年。

体の不調から始まった年でしたが、何とか調子も戻ってきて、お正月の美味しい料理が食べられそうです。
新しい年、みなさまはどんな年にしますか??

私は、今さらながら「断捨離」ライフを心掛けていこうと思います。
本当に自分に必要なもの、無理してそばに置いておいたもの、要らないのに置きっぱなしなもの。
ヒト、モノ、ココロ。
いろいろと考えながら・・・

それでは、いつもながら更新遅めなブログですが(汗)今年もどうぞよろしくお願いします。

s-newyear201502.jpg
2015.01.01 Thu l ヒトリゴト l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。