上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
初めてコンタクトレンズを入れたときに感じた世界の明るさは、今も覚えている。

小学生のころから近視が始まり、中学生になって電車通学を始めたころからは乱視もひどくなった。
揺れる車内で、始発から終点まで一心不乱に真田太平記とか読んでれば、まあそうなるよね(汗)
メガネが嫌で、授業中などはなるべくかけないようにしてたけど、有隣堂で漫画を探すときはかける、
というよく分からないメガネの使い方をしていた。

高校生になるといよいよ裸眼では見えづらくなり、卒業と同時に運転免許を取ろうとしたら、
規定の矯正視力がなんとメガネをかけても満たされていないことが分かった。
裸眼視力が良い人が心底羨ましかった。

眼科で相談したら、即コンタクト使用を提案された。
ちょっと・・・眼球に直接レンズ置くってどゆこと???(゚Д゚)コエーヨ
と思いつつ、お医者の前で何度か練習。
さほど苦労もせず使えることが分かって、帰宅後さっそくレンズを入れてみた。

夕暮れ時だった。と思う。
でもそのとき感じた明るさは、夕暮れのそれではなかった気がする。
ななめに射す陽の光が、庭の木や隣の家の屋根や遠くの果樹園を照らしていた。
残照に染まらない白い雲が東の空に浮かんでいて、何だか吹いている風まで見えるような気がした。
世界ってこんなに明るかったんだ!
頬に手をやり、うっとうしいメガネが顔を覆っていないことを何度も確かめた。嬉しかった。


そんなコンタクト初体験の思い出。

最近、強制的に体力を増強しなければならなくなり、朝夕と軽くジョギングをしている。
夕方はともかく、朝は、明け方4時半ごろに寝起きで出発するので、コンタクトは入れずに
メガネで走っている。

折り返し地点に大きな広場がある。
すぐ下を流れる川から、涼しい風が吹いてくる。
走るのをやめて、柔軟体操したりストレッチしたり。
汗でメガネがズレるので、そのときだけ外す。
すると、周りの景色が一気に輪郭をなくして、ぼんやりとし始める。
薄暗い木陰とその向こうの明けてくる空の色が混じりあい、やわらかな雲の色だけがなぜかよく見える。
そのまま走り出したら、空に落ちそうだ、と思う。
視力がおぼつかないと、聴力が良くなるのだろうか。
さっきまで、気にしていなかった音がよく聞こえるようになるのが不思議。


自分が見たくないものを目の前にするとき、わざと裸眼で向き合うことがある。
見えてないのだから、この世に存在しないのと同じ。
そうやってモノやヒトをこっそり見えなくしてるときが、実はけっこうある。

だけど、こんな朝のきれいな景色をわざと見えなくするのも、ちょっと楽しいことに気づいた。

視力の良い人が羨ましいと思う気持ちは変わらない。
でも、そういう人には分からない感覚だろうなと思う。

さてさて、モノの輪郭を取り戻す前に。
腿上げ、あともう100回!!!!!
スポンサーサイト
2013.06.25 Tue l ヒトリゴト l コメント (0) l top
少し前のことになりますが、福岡にお住まいの かぢさん から手作りケーキをいただきました。

届いた小包を開けると・・・

ss-20130618-IMG_5911.jpg

ちょっ(笑)
手書きのダンボーが現れました!口元からおつゆが垂れてますよー(ノ∀`)アチャー

ちゃんとお金を入れるところも付いてます。

ss-20130618-IMG_5913.jpg

そっとフタをあけてみたら、ふかふかのシフォンケーキが入ってました。

ss-20130618-IMG_5899.jpg

ブランデー風味のプレーンケーキとのことですが・・・

ss-20130618-IMG_5901.jpg

ん、んまそーーーーーーー(涎)

この日、受け取りは夜でしたが、辛抱たまらずひと切れパクッ☆

ss-20130618-IMG_5905.jpg

以降、毎日ちょっとずつ、ジャムをのせたりバニラアイスをのせたりして、いただきましたー。


そして。

実はもう一つ、ケーキが入っておりまして。

甘く煮たリンゴのパウンドケーキ。

ss-20130618-IMG_5910.jpg

2種類の美味しいケーキを堪能することになった毎日。
密かに「野笛コブタ化作戦」でも練られてるのかと疑うこと約3秒。
目の前の快楽に、簡単に膝を屈するワタクシなのでした。

その後数日して、ちょっと体調を崩した私。
熱が出てお腹が痛くて、一日ほとんど何も食べられなくて。
(実は、いま現在もまだ完全に良くはなってはいないのだけれど)
そんなとき、かぢさんのリンゴのケーキに助けられました。
冷蔵庫で適度に冷やされたリンゴが、熱をもったのどを通るのが気持ち良くて、
少しずつ、少しずつ、口に入れては元気の燃料にしていったのでした。


かぢさん、いつも忙しそうなのに、美味しいケーキをありがとう。
カラになったダンボーはまた送ったらいいのかな?(ニヤリ)
嘘です、すみません。本当に本当に嬉しかったです。いつも、ありがとうー。
2013.06.18 Tue l ヒトリゴト l コメント (4) l top
まあ、すでに6月に入っているのにGWの記事もないと思うのですが・・・(汗
写真が少しあったので。

GW後半は、宿場めぐり。一番始めは、長野からちょびっと岐阜に遠征して馬籠宿から。
馬籠(まごめ)→妻籠(つまご)→奈良井(ならい)と、京の都から見たら下ってくるコース。
渋いでしょ。


馬籠は坂の宿。恵那山の稜線がすぐ近くに迫ります。

ss-20130505-IMG_3475.jpg

ss-20130505-IMG_3480.jpg

ss-20130505-IMG_3481.jpg

朝早くに突入したので、あまり人影もなく。

え・・・ ひ、ひとかげ・・・???

ss-20130505-IMG_3488.jpg

ギャアアァァアアアァア━━━(;゚;д;゚;)━━━!!!!コッチミンナ━━━!!!!


ss-20130505-IMG_3493.jpg

ss-20130505-IMG_3502.jpg

馬籠と妻籠は隣の宿なので、古い中山道沿いに歩いていくことができます。
片道およそ8キロ。帰りは路線バスを使うこともできますが、1時間に1本あるかないか。
徒歩で山道往復16キロは、ちょっとキツイ。
途中で峠越えもあるとかないとか。いや、あるんだ。あるんだよ。

ss-20130505-IMG_3545.jpg

ss-20130505-IMG_3539.jpg

ss-20130505-IMG_3527.jpg

無理だ。引き返そう。食べ物持ってないし。(←大事)

ss-20130505-IMG_3549.jpg

芽吹きと花と若葉のモザイク。山桜がまだ満開。

ss-20130505-IMG_3543.jpg

美味しいおそばやら、栗きんとんアイスやら、栗おこわやら、おやきやらいろいろお腹に入れて。

次の妻籠宿に(車で)やってきました。

ss-20130505-IMG_3577.jpg

ss-20130505-IMG_3596.jpg

ss-20130505-IMG_3605.jpg

妻籠は、馬籠のように山すそに広がっているわけではなく、峠の宿なので眺望は望めませんが
宿場の人々がみんなで盛り上げてる感じがして、好きでした。

あちこちで、ここ南木曽(なぎそ)に古くから伝わる伝統工芸の実演をやっていて、中々前に進めない。
おじいちゃんやおばあちゃんの年季の入った働き者の手が作り出す技の数々に、ただ見とれるばかり。

近くの和紙やさんで漉いている和紙をこよりにして、お馬を作っているところ。

ss-20130505-IMG_3590.jpg

口あけて見てたら、おばあちゃんに声をかけられた。
一枚の細い和紙を渡されて、こよりにしてみなさい、とのこと。
こ、こより・・・ティッシュでしか作ったことない・・・(鼻アナ専用)

あ、あう。あうー。

で、できない。難しい!!!

私が苦戦してたら、いつの間にかまわりに人だかりが。
すぐ後ろで覗き込んでいたおばちゃんに「一緒にやってくださいよー(泣)」て言ったら
「あらやだよ、難しいんだよ、こよりは・・・」と逃げられた。
やっぱり難しいんだね。orz


他にもいろいろな工芸品や民芸品がありますが、ここで私がずっと探してたものを発見!!

南木曽のねこ です。

山小屋のストーブの前で装着した模様。(携帯で撮影)

ss-20130506-DSC_0269.jpg

ねこ↑なのか、ねこ↓なのか、正しいイントネーションがいまだに分からないのですが、
とにかく背中のわたわたが軽くてあったかい!
ランドセルみたいに背負うようになっているから、袖や脇の邪魔がなくてとっても良い。
一つ一つ手作りなので、気に入った柄やサイズを探して歩くのも楽しいかも。

で、妻籠に戻りまして。

宿場といえば、大名や旗本など身分の高い人が泊まった「本陣」を見たい。(枯れた趣味)
妻籠にも復元された本陣があり、明るい陽射しに乾いた風が吹きぬけて、お座敷が気持ちいい。

そんななか。

この日一番のおっかない思いをした瞬間。

ss-20130505-IMG_3592.jpg

カ、カメムシーーーーーー!!!!ε=ε=ε=((((。>д<。)ノノクサイ

達筆のカメムシに脱帽(そこかよ)



いなかったけど。


次の奈良井を目指して、山道をどんどこひた走る。
途中の集落を抜けるとき、ときどき小さな宿場の地名が目に付いた。
観光地化してなくても、街道沿いに栄えていた名残を感じて、何だかドキドキした。

妻籠から下ること1時間あまり。

奈良井宿に着きました。

ss-20130505-IMG_3611.jpg

ss-20130505-IMG_3632.jpg

ss-20130505-IMG_3620.jpg

観光客が減り、夕闇迫る。

ss-20130505-IMG_3639_20130603085309.jpg

日が暮れて、静かになった宿場。

ss-20130505-IMG_3680.jpg

昼間の喧騒がウソのよう。

ss-20130505-IMG_3670.jpg

微かに聞こえる。
お宿に泊まっている人たちが、美味しいご飯を食べてる笑い声。

ss-20130505-IMG_3674.jpg

暗くなると途端に冷えてくる峠の町。
風鈴の音が、まだ寒い。

ss-20130505-IMG_3682.jpg


お疲れさまでした。

調べてみたら、馬籠から奈良井まで大小あわせて10の宿場があるみたい。
それを一日で回れるのだから、徒歩や籠で旅していた昔の人にしたら、信じられないことでしょうね・・・
(滞在してる山小屋は、奈良井からさらに7つ先の長久保宿の近くなのでもっとすごい)

トシのわりに、枯れた趣味の一日でした。いつか街道あるきとかやってみたい。
2013.06.03 Mon l 信州 l コメント (3) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。