上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
おばあちゃんのいる施設を出てハハを実家に送り、帰路につく頃。
今くらいの季節は、夕方4時を過ぎるともう薄暗い。
その時分から私は、自分がいますよーと周囲にアピールするために、車幅灯を点ける。

少しだけ窓を開けると、どこかから名残りの金木犀が香ってくる。

子どもを乗せて自転車で家に急ぐお母さん。
夕方からの塾へ向かう小学生。
早めの帰宅のお父さん。
何か楽しい話題で盛り上がりながら笑顔で歩いていく高校生。
ウォーキングにいそしむ老夫婦。

みんなそれぞれの晩秋の夕暮れを過ごしている。

夏の間は、山の北端に沈んでいた太陽。
いつの間にあんなに西の端に沈むようになったのだろう。
真っ赤に焼けた鉱物みたいな太陽が、今日最後の光を投げかけながら山の端に沈んでゆく。

そんなときいつも、「早く帰らなくちゃ」という焦りにも似た気持ちがふくらんでくる。
家に向かってるのに「帰らなきゃ」。
自分でも変だと思うけど、どこかに帰らなきゃいけないと焦る。

多分、家じゃないんだろうなあ。

精神的に「帰りたい」。それとも「還りたい」なのかな?
さっきまで助手席にいたハハにむしょうに会いたくなったりする。

イイ歳して、恥ずかしい。

秋が深まってきた夕暮れは、いつもいつもモヤモヤする。
スポンサーサイト
2012.10.30 Tue l ヒトリゴト l コメント (0) l top
体調が良くなってきたハハと、定年退職した叔母とお試し京都に行ったのが ことし6月
猛暑がやっと終わり、一日がすごしやすくなってきたなと思っていた頃、ハハがひと言。

「早くしないと紅葉シーズンに入ってまう」



・・・・・
・・・・
・・・




秋の京都、行ってきました(゚Д゚)エー


またもや女三人珍道中。

今回の私の担当は・・・
予約係お財布係道訊く係タクシーとめに走る係、兼、荷物持ち荷物持ち荷物持ち。
死むー(ノД`)


お目当ては前回同様、百万遍さんの手作り市。
もうすごい人。
何か観光バスまで来ててエライこっちゃです。

ss-20121015-IMG_4605.jpg

お店の人とひと言二言お話しすると、すぐにここらの人じゃないと分かるらしく
「どちらから来はったん?」
と聞かれ、なぜかものすごく小さい声で
「か、神奈川から・・・さっき新幹線で着いて・・・」
とモニュモニュ答える。

みんなビックリする。すみません。


一日目 手作り市→三条界隈ウロウロ
二日目 南禅寺→堀川通沿いをウロウロ→上七軒→四条→五条→京都駅

ss-20121016-IMG_4779.jpg

ss-20121016-IMG_4782.jpg

三条で運命の出会いがあったり、好きな手ぬぐいをいっぱい買えたり。
小学校の家庭科でもらったお針箱をずっと使い続けてるので、思い切って新調した。
おかあちゃんたちも好きな骨董みたり、イノダコーヒーでまったりしたり。

買った荷物を持たされつつも楽しかった。

帰ってきたら、背中と肩に重たいハリが・・・
この感じ、久しぶり。仕事してたとき、よくなってた重たさ。orz
背中に強烈湿布を張ってもらい、お休みしたのでした。

ss-20121016-IMG_4792.jpg

一泊でこの荷物。おかしくない???(9割方ハハのもの)
手前のグレーのリュックの下にはコロコロのカートもあったりして。
念のため持ってきたエコバック、オール出動・・・




今回、お嫁に来てくれた手作りのモノたち★


すずめ大好きな私のココロ、撃ち抜かれました。

ss-20121020-IMG_1506.jpg

ss-20121020-IMG_1456.jpg

ss-20121020-IMG_1505.jpg

工房ずー さんのお店で。

いつも目につくところに置いてあるんだけど、本の陰とかにちょっとずつ隠れていってるような気がする。
ふと目が合うとき、完全に癒されます。すごく可愛いー。



続きまして、またもやすずめちゃん。

繊細で可愛い刺繍のブックカバー。

ss-20121020-IMG_1458.jpg

ss-20121020-IMG_1462.jpg

ss-20121020-IMG_1465.jpg

ちょうど読みかけの幸田文の随筆「雀の手帖」があったので早速!

ヒヨドリコトリ さんのお店で。

カバンの中で「ぴよ」と顔を出してるのを見ると、思わずほっこり。笑顔になります。



次は変モノ。

ひょろながさん。

ss-20121020-IMG_1470.jpg

体長およそ40センチ。一番デカイの買っちゃった。
お店の方も、まさか?コレを?みたいなお顔されてましたが、ごめんこういうの好きなのです。



スコットランドの毛糸で編まれた美しい幾何学模様のリストウォーマー。

ss-20121020-IMG_1480.jpg

なんつーか、指先よりも手首とか手の甲が冷えやすい私なので、こういうの本当に嬉しい。
滋賀県からお店を出しに来られているとかで、ほかにも帽子やらベストから何かもうすごくキレイ!
模様さえ決まれば、五日くらいでベスト編んじゃう!とおっしゃってました。
編んでいるところも見てみたい!と思える素敵な作品たちでいっぱいでした。



最後。

ナニかの電波が受信できそうな毛糸の帽子。

ss-20121020-IMG_1489.jpg

おかあちゃんたちがいろんなアンテナ帽子作ってて、それがテーブルにポコポコ並んでるのが
本当に可愛かった。試しに被ってみたら、鏡の中に弱そうなピクミンが!(私だよ)
色もいろいろ、編み模様も少しずつ違っていて、選ぶの本当に大変だったけど
一番ピクミンぽいってことで。コレ!



今回は毛糸のあったかいものが買えたので、これで冬の準備万端。
でも、手作りのモノってそれ以上のあたたかさを感じられる。

大事にしたいものが、また増えました。
2012.10.25 Thu l 珍道中 l コメント (2) l top
関東、特に神奈川近辺の人は大山というと普通に「おおやま」と読んでくれる、そんな大山。
いつもながら前置き長すぎですが、二週にわたり大山へ行ってきました。
東丹沢の中では一番人気。小学生のころ遠足で登ったり、校歌の歌詞に入ってたり。
最後に登ってからゆうに数十年たってますが、日向山キッカケで久しぶりに登ってみようかということになりました。

一週目は、大山ケーブル駅→女坂→阿夫利神社下社→見晴台。
ケーブルが動き出す前の早朝。
金木犀の花香るなか歩き始めました。

ss-20121006-IMG_1239.jpg

いきなり始まるちょっと高めの石段。
日ごろの運動不足が物をいい、気分は脱力寸前。

ss-20121006-IMG_1270.jpg

静かな登山道。

ss-20121006-IMG_1257.jpg

ss-20121006-IMG_1263.jpg

ss-20121006-IMG_1300.jpg

途中で野生の鹿に出くわしたり、滝を見たり。

ss-20121006-IMG_1308.jpg

下社を過ぎて、なんだかんだヒィヒィ言いながらも無事、見晴台に到着。

まだ9時すぎですが、ハラ減ったのでお弁当ー。

ss-20121006-IMG_1324.jpg

モグモグしながら、目の前に見える大山山頂。
いつも雲に包まれていることが多いけど、やっぱり朝早いからかなー♪
(雨降り→阿夫利が神社の名の由来とのこと)

ss-20121006-IMG_1321.jpg

とか言って、数秒後に振り返ったら

ss-20121006-IMG_1326.jpg

(゚Д゚)エエエエェェエエェエェェーーーー!!!


元々今日は無理しない行程だったので、食べ終わったら即下山。
標高1000mで高山病にかかっているオットのシリを押しながら、大山1回目終わり。


さて。
懲りずに大山二週目。
今度はぐるりと山の向こう側へ回り込み、峠から攻めるルートです。

ヤビツ峠→山頂

登り始めるとすぐに広がる相模湾の眺望。
光の真ん中に浮かんでいるのは江の島。その向こうは三浦半島かな。

ss-20121013-IMG_1401.jpg

眼下には、さっき走ってきた峠への道。
街からすぐ山へ入ることができるのも人気の一つなんでしょうなあ。

ss-20121013-PA136635.jpg


同じ大山の山頂を目指すのでも、先週の延々石段ルートとはまた違った雰囲気。
尾根を伝って登っていく感じなので、ときどきゆるやかな道も。

ss-20121013-IMG_1404.jpg

でもだいたいは丸太でできた登り道。orz。
体のサイズが合わないのか、足が上がらないだけなのか、けっこうツライんですけど・・・(@_@;)

ss-20121013-PA136631.jpg

途中で振り返ると、丹沢主峰のお姿が・・・
二の塔、三の塔。ずっと右に行くと塔ノ岳、蛭ケ岳。

ss-20121013-IMG_1417.jpg


だんだん足が上がらなくなってきて、ヒィヒィ。
山頂から降りてきた黒シバとおいちゃんに励まされながら。

ss-20121013-PA136583.jpg


ついたー!!!

ss-20121013-IMG_1418.jpg

はー。
すごい。
山好きのおとうちゃんに無理やり連れてこられた記憶しかないので、何か変な気分。
麓から見える山頂はいつも雲に隠れていることが多いのに、今日はとってもクリア。

ss-20121013-IMG_1438.jpg

うちのほう、見えるかなー。

ss-20121013-IMG_1433.jpg

写真ではアレですが、遠くスカイツリーの影が見えておりました。

振り返ると・・・

ss-20121013-IMG_1442.jpg

フ・ジ・サーン!!!\(^▽^)/


自家製の梅干し入れたおむすび、ブロッコリー、ミニトマトとちびウィンナー食べて
ゆっくり山頂を散歩したあとは、阿夫利神社本社の御朱印いただいて下山。

帰りのヤビツで、車道狭いがために激しく恐ろしい目にあいましたが、もう忘れようorz

そんなこんなの秋の丹沢散策。紅葉で混む前にもうちょっと行けるかなー。
2012.10.19 Fri l お山 l コメント (0) l top
隣町にある農園で、変わったシクラメンが売られていたので連れてきた。

よくある大きな花弁はなくて、くしゅくしゅしている。

ss-20121010-IMG_1375.jpg

折り紙シクラメン、というのだそう。

響きが「折り紙サイクロン」に似てる気もするけど、それで連れてきたわけじゃないから!

夏の間、強い陽射しを避けるため部屋の中にいたタニクちゃんたちは、涼しくなってからは全員お外。
久しぶりに花を愛でられる植物がやってきたので、明るい窓際へ。
少し大きめの鉢に植え替えたら、新しい花芽がどんどん立ち上がってきて、その姿も愛らしい。

ss-20121010-IMG_1396.jpg

冬中ずっと、花が咲いたらいいな。
2012.10.10 Wed l ヒトリゴト l コメント (0) l top
日向(ひなた)薬師の彼岸花、見てきましたー。

ss-20120929-IMG_1129.jpg

子どものころ、よくキャンプに来た東丹沢の日向薬師。
毎年、棚田に広がる彼岸花のウワサは聞いていたので、天気の良かった週末、
少し早起きして行ってみることに。

ss-20120929-IMG_1193.jpg

駐車場があまり広くないので、朝早めに行ってよかったみたい。

けっこうお客さん来てました。

ss-20120929-IMG_1147.jpg

ss-20120929-IMG_1182.jpg

ss-20120929-IMG_1187.jpg

ss-20120929-IMG_1188.jpg

ALO(オートライティングオプティマイザ)機能をオンにしたら、すごいことになったので、

ss-20120929-IMG_1204.jpg

今日はオフった( ̄ー ̄;)

ss-20120929-IMG_1199.jpg

ss-20120929-IMG_1215.jpg

あぜに沿って、赤・赤・赤。

ss-20120929-IMG_1211.jpg

ss-20120929-IMG_1221.jpg

ss-20120929-IMG_1223.jpg

散策路出口で、おじいちゃんがサーターアンダギーを揚げていたので思わず買ってしまい
口の中の水分をみんな持っていかれるハメに。でも美味しかったよ★



その後、けっこう急な山道を登って薬師さまの境内へ。
本堂のうらを抜け、梅林を通り抜けると日向山への登山道が続いている。
標高400mちょっとなので、1時間くらいで登れるかな?


ss-20120929-IMG_4506new.jpg

・・・今度、大山行って熊鈴買おう。そうしよう。


ss-20120929-IMG_4507.jpg

ss-20120929-IMG_4522.jpg

しかし、まあ、そんなに、道は、急じゃないとはいえ、
普段、運動、不足な、カラダを、持ち上げるのは、容易じゃない。(息切れしながら書いてます←なぜ)


そんでもって。



着いたーーー!!

ss-20120929-IMG_4494.jpg

ss-20120929-IMG_4488.jpg

遠く、湘南の海岸線と江の島が見えますー。
数日前は、ちょうど反対側(葉山)から江の島見てたんだよなー。
ここでこんな景色が見れるなんて知らなかった。

来た道と逆の方面に降りれば、銀(愛猫)の眠る山のほうへ行くことができるんだな・・・


ss-20120929-IMG_4526.jpg

長野に引き続き、日向薬師にも動員されて、ダンボー放心状態です。何かウス汚れてきたし。



帰りがけ、いつものごとく知らないおばちゃんに話しかけられ、
「しいたけ茶を飲むとキレイになれる」
という超お得な情報をゲット!

やったー・・・なの、か?? il||li_| ̄|○il||li
2012.10.02 Tue l お山 l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。