上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
数日前、施設にいるおばあちゃんが、夜中トイレで転倒し手首の骨を折った。
腰もしたたか打ったみたい。こっちは打撲だけで済んだけど・・・

病院に連れていって、処置をしてもらった。
いつもワガママばかり言ってるおばあちゃんも、身体が痛いのと、
病院に来てるという不安からか、おとなしくしてた。

レントゲン撮って、診察してもらって。
最後はギプス。
折れたところをひっぱって骨のズレを直さなきゃいけない。
優しそうな、でも力の強そうなおにいさんが来て、折れたところを力いっぱい引っ張った。
おばあちゃんの大きな悲鳴があがる。そのあまりの痛さゆえ身体が曲がる。
女性の看護師さんと一緒に大声でなだめながら、おばあちゃんの身体を押さえつける。
身体をよじると、その分手首の固定に時間がかかってしまうからだ。

何度か引っ張ってようやくギプスで固定。
おばあちゃん、涙いっぱい。可哀想に。でも、頑張った。
ふと後ろを見るとハハが失神寸前。
年取った母親が痛いことされているのを見るのは酷だったろう。
外に出ていてもらえばよかった。気づかなくてごめん。

施設に戻ってからは、ご飯やトイレなどの介助をヘルパーさんにしてもらいながら
何とか日常生活を送っている。起き上がるのでさえ、ヘルパーさんの手を借りないと大変なのだ。
だけど、私がいるときは、私に抱き起こすよう言ってくる。
ボランティアでお年よりの施設の手伝いをやっていたのが、少し役に立ってるのかな。
なるべく身体が痛くないように、腰から持ち上げる。
子どものように、私の胸に頬をつけておとなしくしているおばあちゃん。
背中のシャツを握る手は驚くほど力強い。

もう、車椅子の生活になっちゃうのかな。
もう、一緒に廊下を歩いたりできないのかな。
早く元気になってほしい。
スポンサーサイト
2012.06.21 Thu l ヒトリゴト l コメント (0) l top
台風が吹き荒れてる夜は、静かにタニクちゃんを観察。
外はビュービューものすごい風と、海の匂いのする雨が窓を打ちつけている。

ss-20120619-IMG_0457.jpg

お水あげたら、ひと晩でプリップリのツヤッツヤ。そのツヤ、分けてほしいよ。(突然何だ)
買ったときは日照不足でふらっふらだったけど、だんだんシャンとしてきた。
あとはもう少し葉の間が詰まってくるといいんだよなあ。
秋の紅葉が楽しみ。


ss-20120619-IMG_0475.jpg

このコも、園芸やさんで弱っていたところを救出してきた。
園芸やさんなのに、お店の人も名前がハッキリ分からないという可哀想ブリ。
いろいろ調べて、たぶんこの名前だろうと。

しかし、タニクちゃんたちの名前ってかっこいい。
旧日本軍の戦闘機とか戦艦の名前みたい。


て、あれ?これって花芽??

ss-20120619-IMG_0402.jpg

花咲いて、そのままジエンドってことないよね?(T-T)
このコも美しく紅葉するらしいので、何とか無事に夏を越してほしいよー。



そして。
ショックだったのが。

ss-20120619-IMG_0398.jpg

なーんかプリプリしたVサインの真ん中が割れてきてるなーと思ってたけど
脱皮が始まってた!!(゚Д゚)
中からは、枝豆みたいな新しい芽が顔をのぞかせてる。
慌ててモノの本を読んだら、冬に成長する種類なので、通常なら秋に脱皮+分裂をするとのこと。
ちょっ、このまま夏越せんの??顔出してきちゃって大丈夫???


いろいろ心配しつつ。

雨と風の音がさらに激しくなり、何かが外を転がっていくのが聞こえる。
こんな中、残業中のオットをこれから迎えに行かなきゃいけないなんて・・・
無事に帰ってこれるんかしら。

連絡あるまで、もう少しタニクちゃんの観察をしていようー。(ヘラヘラ)
2012.06.19 Tue l タニクちゃん l コメント (0) l top
ss-20120614-IMG_3374.jpg

京都に行ってきました。



昔から、京都大好きなハハと叔母。
ハハの体力がずい分回復してきたので、試しに一泊出かけてみようかと女三人珍道中。

出発するときはかなり肌寒かったけど、京都についたら暑くて死んだ。
駅構内にウワァアアンとこだまするくらい大はしゃぎな修学旅行生を巧みにかわしつつ
新緑美しいお寺の庭などを巡った。

ss-20120614-IMG_3313.jpg

ss-20120614-IMG_3347.jpg

ss-20120614-IMG_3352n

梅雨に入ったと思いきや、すっごくいい天気。良かったー。
トイレの神さま、今回もありがとう。

最初のお寺について早々、一人で来ていたと思われるおばちゃんに声かけられる。
その後、周辺のお寺を2つ3つまわったけど、いずれも同じおばちゃんが声かけてきてちょっと怖い(゚Д゚)

清水寺近くは修学旅行生でごった返してたのでお寺には寄らず、そのまま三年(産寧)坂、二年坂へ。
曲がりくねった石塀小路を歩いていくと、新緑が影を落とす角の先から傾いた陽が射してきて
何とも言えない風流な感じに。


食にこだわりのある叔母が、昼も夜も通なお店を予約してくれたので、ホイホイついて行くだけ。

ss-20120614-IMG_3396.jpg


夜は祇園で。

ss-20120614-IMG_3479.jpg


翌日は、ハハ念願の 百万遍の手作り市 へ。
毎月、15日に知恩寺の境内で開かれている市で、手作りの品がたくさん並んでいるんだって。
朝8時から始まるとのことで、8時半に突入。
そのころはまだ人もまばらだったけど、だんだん混んできてすごいことに。
私もお寺の門をくぐって最初のお店を目にしたとたん、血圧上昇して逆上気味になってしまったので
写真ほとんどなし。(実は私も手作り品大好き)


その後、下鴨神社から糺の森へ。

ss-20120615-IMG_3507.jpg

ss-20120615-IMG_3510.jpg

ゆっくり散歩。



暑くてだいぶ参ってきたので、祇園に舞い戻って、鍵善で冷たくて美味しいくずきりをいただく。
まったく今まで食べてきたくずきりって何だったんだってくらい美味しかったー。


夕方の新幹線の時間ギリギリまで、食べたり買ったり忙しい。おかあちゃん世代の
「旅行に来たら一秒も無駄にしない」という意気込みが感じられて諸行無常(意味不明)。

京都は夜から雨予報。
雨から逃げるように帰った。天気もってほんとに良かったー。



以下、はるばるお嫁にきたコたち。

手作り市で。
ss-20120616-IMG_3526.jpg

特に、この柿渋のかばんと、
ss-20120616-IMG_3528.jpg

羊毛フェルトのメガネケース。
ss-20120616-IMG_3530.jpg

触ったとたん身体がビビクン!となったので即お買い上げ。
前日、別のお店でメガネケースを買おうとして、止めたんだよね。
きっとこの出会いが待ってたんだと思う。くー!カワイイー!

あと、またもやタニクちゃん。
ss-20120616-IMG_0388.jpg

ss-20120616-IMG_0389.jpg

タニクちゃん屋さんがお店出してたので、迷いに迷ってこのコたちをセレクト。
ああ、「一日一タニク」を心で誓ってるのに最近ちっとも守れない。


あとは、ようじやさんのハンドクリームを友だちのおみやげに。
ss-20120616-IMG_3532.jpg

くずきり食べた鍵善では、甘い干菓子を自分用に。
ss-20120616-IMG_3535.jpg



ハハの調子が良ければまた京都行ってみようということに。
行く前は、体調を不安がってたけど、誰よりも達者に歩いていたよ(笑)
しかし、おかあちゃんたち二人と一緒に行くのはパワーが要るね・・・
気力体力ともに全然ついていけてない自分再発見の旅、でした。
2012.06.16 Sat l 珍道中 l コメント (2) l top
実家の古い物置を探索していたら、おじいちゃんの鉄カブトが出てきた!

ss-2012-06-08-01.jpg

どうしよ、どうしよ。

とりあえず・・・










洗ってみた。

ss-2012-06-08-02.jpg

で、どうすんだ(´・ω・`)?




頭のてっぺんのところに、錆びて小さな穴が開いていて、水を入れるとジョバジョバもれる。
コレ・・・ひっくり返して、タニクちゃんの寄せ植えの器にしたら侘びってるかも!(正気か)

しかし、こんな薄い鉄被ってテキを迎え撃とうとしてたなんて・・・じいちゃんワイルドだぜぇ。



庭の片隅で鉄カブトを手にしてぼんやりしてたらハハに見つかった。

「あー!お母さんも欲しいーーー!!いいなー!いいなー!」 

そんなに欲しがるものなのか?鉄カブト・・・



ヒトが欲しがりゃ鉄カブトでも惜しい(字余り)

ダメもとで探してみたら、なんともう一個出てきた!(゚Д゚)
そっちのほうが状態が良かったので、そのままハハに譲った。
・・・あまり嬉しそうじゃなかったのはナゼ?ほんとは欲しくなかったのかも(言ってみただけ?)



使い道は現在も模索中。

どなたか、「おうちで簡単、手軽な鉄カブトの有効利用法」をご存知でしたらご一報ください。
2012.06.13 Wed l ヒトリゴト l コメント (0) l top
起きたらあいにくの雨。

でも、何かイキオイで来ちゃった。 八ヶ岳倶楽部

去年の11月、甲州在住のネッ友の せろちん に連れてきてもらった。
そのときは、美味しいフルーツティを飲んでまったりしすぎて、帰りの特急はまかいじに乗り遅れる
という失態をしたけど、もう本当に・・・時間を忘れるくらい、素敵なところなんです。

ここでは、八ヶ岳を愛してやまない俳優の柳生博さんとそのご家族が、手作りで雑木林を
管理していて、ゆっくりとその中を散策をしながら、敷地内に点在するギャラリーやレストラン、
ショップなどを巡ることができます。
運がよければ、柳生さんご本人にお会いすることができるかも。
こないだ行ったときは、トイレ行きがてら突然、柳生さんが声かけてきてびっくりしたよねせろちん。
今回も、よく響く声の姿勢正しいおじちゃん(失礼)がいるなあと思ったら・・・ご本人でした^^

前回来たときは、冬。
雑木林の葉は落ちて、賑わう枯れ枝の向こうに遠くの山の稜線が見えてた。
夕方の早い時間から紅く傾いた陽が射して、とっても綺麗だったなあ。


反対に、今回は梅雨入り間近の青い季節。
折り重なる新しい葉。むせ返りそうなほどの緑色の大気。
到着したとたん、雨があがった。

ss-20120609-IMG_3219.jpg

ss-20120609-IMG_3229.jpg

やっぱり八ヶ岳の山の匂いは格別です。

ss-20120609-IMG_3237.jpg

ヤマツツジが咲いてた。

ss-20120609-IMG_3249.jpg

ss-20120609-IMG_3257.jpg

ss-20120609-IMG_3264.jpg

車山・霧ケ峰のレンゲツツジもそろそろ季節かなあ。



柳生博さんの息子さんは園芸家。
特に多肉植物を使った作品が、よく知られています。
最近、私も急速にはまりつつあるタニクちゃん。その形や色、たたずまいに魅せられてます★

ss-20120609-IMG_3267.jpg

林のなかにたたずむお店では、たくさんの多肉植物が売られています。
ハナ息荒く突入ー!!
可愛らしい寄せ植えを選んで、同じくタニクちゃん好きなハハへのプレゼントにした。
自分用にもいくつか買って、お店のおねえさんに育て方を確認。
初めてのハオルシア・・・うまく育てられるかなあ。

けっこう長い時間滞在してたみたい。
このあと、 清泉寮 であったかいスープを飲んで、今日は退散。
今度は晴れてるときに来よう。


そんなこんなで、今日からウチのコになったタニクちゃんたち。

ss-20120610-IMG_0360-new.jpg

ss-20120610-IMG_0365.jpg

生まれ故郷は乾燥した砂漠気候の土地。
砂にうもれて暮らしていたら、葉っぱだけになっちゃった。
太陽の光を効率よく取り入れるため、葉の先に「窓」とか「レンズ」とか呼ばれる部分がついている。
透き通ってて・・・綺麗。

ss-20120610-IMG_0321.jpg

ss-20120610-IMG_0352.jpg

こちらも、白く斑が入った窓が綺麗です^^


それから・・・

ss-20120610-IMG_0369.jpg

ss-20120610-IMG_0331.jpg

キャー!キャー!見て見てー!!!!
カワイイ!!熊のコちゃんのお手手!!!フガフガ・・・(萌死)
先端が少しだけピンクがかっているのもカワイイねぇ。あー全然見飽きないー。(っ'∀`c)
触った感じもニクキュウみたいな柔らかさ。昨日から何度も握手してます。


おまけで、このコ。

ss-20120610-IMG_0377.jpg

八ヶ岳出身ではなく、近くのホームセンターで放っとかれてたところを救出してきました。
このコも上部の窓が綺麗。何とか曇らすことなく育ててあげたいと思います。

タニクちゃんたちは、その育ってきた環境が苛酷なため、葉っぱ一枚、茎の一部でも残っていれば
そこからどんどん新芽を出して増えていきます。

ss-20120602-IMG_3195-new.jpg

すごくない???(゚Д゚)

こんな感じで増えてったら、けっこう早い段階でナウシカの部屋みたいになっちゃいそう。

★参考画像★
ss-ss-20120610-a0194268_1352325.jpg



まあ、それはそれで、いいかあ。
2012.06.09 Sat l タニクちゃん l コメント (4) l top
九州三日目。最終日。

朝、目を覚まして障子をあけると、一幅の絵のような庭の光が。

ss-20120528-IMG_2926.jpg

窓から流れてくる透明な風を感じながら、テーブルに両肘ついて、しばし廃人俳人状態に。



おっ!カワラヒワかなー。

2羽で忙しそうにおしゃべりしながら、飛んで行った。

ss-20120528-IMG_3134.jpg

今日もいい天気。


お宿で最後の朝ごはん。
Midoriさんが、元気いっぱいにご飯をオカワリ!しているのを、感心しながら眺めつつ、
腹が本調子だったらなあ・・・と返す返すも残念な気持ちに。
オカワリできなかったけど、とっても美味しかった。

スタッフさんに教えていただいた、「冷やしたトマトにお砂糖かけて食べる」。
帰ったら早速やってみようと密かに胸に誓いながら、秀月さんを後に。

ss-20120528-IMG_3143.jpg

お世話になりました!



朝駆け後の、ここちよい疲れで弱冠目がうつろになっているかぢさんと一緒に、
今日は由布院方面を経由し、大分空港から帰路につきます。





駅の近くで地図をもらったりしつつ、無事到着。
焼け付くような晴天だ。


ここでついにかぢさん電池切れ。お疲れさまでした。
涼しくして、車内で休んでいてね。
ちょっくらMidoriさんと金鱗湖までお散歩してきます!

ss-20120528-IMG_3156.jpg

ss-20120528-IMG_3177.jpg

ss-20120528-IMG_3176.jpg


えーと。


由布院の思い出。


えーと。



・・・・・

・・・・

・・・





暑かった。





以上。


せっかく連れてきてくれたのに、ごめんなさい。
今だから言いますが、この日家に帰ってからハナヂ出ました。
暑かったんだと・・・思います(爆)


由布院でお昼を食べてから空港へ行く予定だったので、あちこちよさげなお店を見ながら
歩いてたんだけど、ひいばあちゃん譲りの黒髪が、帽子被ってても焦げ始めてきちゃった。

おそるおそる隊長のMidoriさんに「空港でゆっくりご飯を食べるというのはいかがでしょうか?」と提案。
(隊長の決裁が取れないと移動できないため、ここは慎重に)
「うん、そうしよう!」とすぐに同意してもらえてよかったー。

かぢさーん、おまたせー。
あれ・・・何か朝より痩せた????




空港への道。
まだまだおしゃべりは止まらないけど、昨日の帰りの山道と同じような「終わりの雰囲気」が
車内にただよっている。

6年前、初めてMidoriさんと来たときも思った。
そのとき書いていたブログから、自分で記事を拝借。

-----*

私たち3人の生きてきた時間はそれなりに長く、
少し道が違えば、交わることのない人生だったのかもしれない。
だけど今、ここにこうしていること。
見知らぬ浜辺で、ココロ満たされる自分を、いつ想像できただろう。
ネットの世界って楽しい。そしてそこから始まるリアルな人生も、楽しい。

----*

何年たっても、この気持ちは変わらない。



以前、横浜に遊びに来てくれたMidoriさんと夜、サメが泳ぐ不思議バーに呑みに行ったことがある。
Midoriさんがちょっと席を外したときに、バーテンのおにいさんが話しかけてきた。

「お二人は、古いお友達なんですか?」
いいえ、知り合ってまだそんなにたってないんですよ。

「そうなんですか??同じ学校行ってたとかそういう仲かと思いましたよ」
いえ、最近ネットで知り合ったんで。

「え?」
はい?

「ネットで?」
はい。

「そんなことって本当にあるんですね?」
ありますよー。うふふ。

「すごい、何か僕感動しました」
えへへへへ。


そんなことを思い出しながら。

数日前、ハハに「群馬の友達と一緒に、福岡の友達に会いに行ってくるね」と言ったら
「群馬?福岡?そんな遠くにお友達いたっけ???」と鳩豆顔だった。


お友達・・・・いるんです!!!!!(カビラ)



右手に海が広がってきた。別府湾だ。



今回もいろんなところに連れていってもらって、たくさん思い出ができたけど、
三日目でも、後部座席からフルパワーで聞こえてくるMidoriさんの元気な声と、
運転してるかぢさんの穏やかな横顔。
一番、忘れたくない思い出だ。



大分空港到着。

最後に食べた冷麺美味しかったー。
そのまま出発直前まで、またおしゃべりしちゃった。
これから飛行機乗るっつーのに、墜落事故をおこしたロシアの飛行機の話したり。
かぢさんちの鳩事情とか、山ヒルにやられたときの私の恐怖体験とか。
他愛も無いこの雑談の時間が、ほんとは一番楽しかったりして。


荷物チェックの時間。

そういえば、今回、かぢさんの口からちょこちょこ「老後」という単語が飛び出して
そのたびに可笑しくて笑ったけれど、老後になっても気軽に遊びに行くので、そのときはまた
よろしくお願いしますね^^

さよなら。
また会おうね。
また会えるよね。

ss-20120528-IMG_4000.jpg

機内から。




「・・・東京は雨。上空は気流がとても不安定のため、揺れるおそれがあります。」

素敵なCAさんから最悪なお知らせ。


大分空港を離陸したときは穏やかだった空も。

ss-20120528-IMG_3181.jpg

あやしげな竜の巣が見えるようになり。

ss-20120528-IMG_3185.jpg

気流が乱れて、急降下。
「アワワワワワワワワワワワワワ」
「怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い」
半べそでMidoriさんの腕つかむ。

ss-20120528-IMG_3189.jpg

羽田上空は、雷雨が通り過ぎたあとだった。

ss-20120528-IMG_3190.jpg

羽田空港で、最寄駅までのリムジンバスを待ちながら、はー夢みたいな三日間だったなあなどと
旅の余韻を引きずっていると、昔散々な目にあわされた外部機関の元上司が、涼しい顔して
私の後ろに並んできたので、急に現実に引き戻された。ちょっ、なんで・・・こんなとこで・・・(涙)

気づかれる前に。目を閉じてi-podのボリュームをエライこと上げて、九州の旅、完結。
2012.06.04 Mon l たび l コメント (3) l top
朝ごはん後、かぢさん&ハナちゃんと合流。

ハナちゃんはお宿の看板ムスメ。
かぢさんの姿を捕捉すると喜びのあまり発狂しちゃうカワイイわんこです。
山登りに関しては、かぢさん同様、ベテランさん。
今日は私たちのガイドを務めてくれるそうです。一日よろしくお願いします!

ss-20120527-IMG_2993.jpg

とは言うものの、夜明け前にすでに一回かぢさんとお山に行ってきたんだよね。
ちょっとお疲れのご様子です。




前回も訪れた牧の戸峠。あのときは、山には雲が垂れ込めていて、真っ白で遠くが見えなかったな。
おみやげにあった絵はがき見て、見れたつもりになったんだ。
でも、今回は。

ss-20120527-IMG_2971.jpg

遠く、由布岳まで見えたりして。

それでは、久住山山頂を目指して出発ーー!!



ss-20120527-IMG_2983.jpg

目が痛いくらいの若葉色。
いのちの循環は毎年続いていく。でも、今見ている色は、今だけのもの。


ss-20120527-IMG_2981.jpg

咲き始めたミヤマキリシマ。数週間で山肌を花の色で染めるのだそうな。
今回は、それを一生懸命頭のなかで想像し、見れたつもりに。

目を閉じて、風と鳥の音に耳をすませた。



みんなが歩き出す気配がしたので目をあけたら、帽子のないMidoriさんが、突然
中東ゲリラの風情になってて思わず後ずさる。

ss-20120527-IMG_2995.jpg


行く先にはいろいろな道がある。
なだらかになったり、急に現れたデッカイ岩登ったり。
道ばたの小さな花に心癒されたり。

ss-20120527-IMG_2985.jpg

ss-20120527-IMG_2986.jpg

まるで人生のようだ、と思うほどまだオイサンではないと思いたい。←完全にオイサンです


ハナちゃんが、ときどき私たちを振り返りながら歩いてくれる。
その緩やかなペースと優しさが嬉しい。



長野で山を歩いてるときもそうなんだけど、登り坂が苦しくてしんどくなってくると
ほんとにどうでもいい曲が頭を回りだす。

今回ももれなくそうなっちゃった。


デーデデデッデ デーデデデッデ
デーデデデッデ デッ(ハイッ)

ss-20120527-IMG_3005.jpg

あったまは冴えてるよっ(ヘーイヘヘーイ)

アイデーアばっちりよっ(ヘーイヘヘーイ)

ss-20120527-IMG_3015.jpg

ほっしいよ ほっしいよ ドクロストン

ぜったいもらうと きめちゃったーぃ


的な・・・

絶対やっちゃいけないのは、口に出して歌うこと。

誤解しないで欲しいのは、ちゃんと二人の話を聞いてるし、おしゃべり楽しいし、
景色も見てるし、本当に今日のこの山登りを楽しんでるってことです。(本当かよ・・・)


そんなこんなで出発から3時間。

つ・い・たー!!!!

ss-20120527-IMG_3084.jpg

もう、ほんとに、最後の登りはきつかったけど、歩く足のすぐ先をハナちゃんが行ってくれて
それをたどるように上がってきた。ハナちゃんのルートは不思議と歩きやすい。
ありがとうー。ハナちゃーん。


「ハナさん休憩に入りまーす」

ss-20120527-IMG_3046.jpg

おしりはガンガン日があたってるけど・・・大丈夫かしら。


お腹をすかせてピーピーさわぐ私たちには、かぢさんからお昼ごはんの配給。
ほんとに何から何までお世話になってすみませんです。
山の頂で、まさかのどん兵衛が食べられるなんて。

ss-20120527-IMG_3030.jpg


空が近い。

ss-20120527-IMG_3016.jpg

ss-20120527-IMG_3038.jpg

ss-20120527-IMG_3064.jpg

穏やかな気持ちで一緒に時間をすごせるって、いいよね。
食ってばかりな私で申し訳ないけど、ほかの二人もそう思ってくれてたら嬉しいな。

ss-20120527-IMG_3073.jpg

のんびりゆっくり、時間をかけて休憩して。

それでは。

ss-20120527-IMG_3089.jpg

下山しまーす。



同じ道なのに、帰りはやけに早い。
もう、ゴールを知ってるからなのかな。
ドロンボーもどこかに行っちゃったし、おしゃべりも弾む。

そして、同じ道だけど、違う道だと気づくんだよね。
行きには咲いていなかった花、変わっていく空の色、何かひとつ達成できた自分。
来た道を引き返しているだけなのに、気づかされることがいっぱい。

ss-20120527-IMG_3127.jpg

さっきまでいた、あんなにたどり着くのに大変だった山頂が、どんどん見えなくなっていく。
確実に何かが終わっていくのを目の当たりにするのは、いつでも寂しい。

またいつか、来れるかな。

ここにまた来れたこと自体、まだ夢みたいなものだものな。









でも、これだけは言える。これだけは現実。









筋肉痛が始まっている・・・(゚Д゚)

モモ肉痛ェ・・・





無事、下山。






夕食の最中、すごく眠たくなり、目をこすりながらご飯を食べた。
かぢさんとハナちゃんは、仮眠後、またもや朝駆けに出かけるのだそうな。すごいなあ。
すでに、お部屋の三和土をあがるだけでもモモ肉がつらい私は、かぢさんたちから見れば
別の星から来た人みたいに映ってるんでしょうなあ。



明日は、九州三日目。最終日。


---------*

おまけ 

★本日のシュール画像★

量産型ザク(の豆腐)、撮影会

ss-20120527-IMG_3052.jpg

他人のふりできないこの状況(笑)
2012.06.01 Fri l たび l コメント (3) l top
魅惑の九州二日目。

早朝からすっきり晴れた空。
それに反比例するかのように、急降下するお腹(爆)
トイレの晴れ神さま・・・何てご無体な・・・


しかたあるまい。今日だけでも天気もって欲しいから・・・(´。・ω・。`)グスン




お世話になった秀月さん。

お宿の雰囲気もスタッフさんの気遣いも、とても心地よいところでした。
もちろん、ご飯も美味しいーー。


ss-20120527-IMG_2953.jpg

ss-20120527-IMG_2954.jpg

ss-20120527-IMG_2956.jpg


このころMidoriさんは、言うこと聞かなくなったデジカメちゃん相手に奮闘中。

「電池がーぁああぁ、電池がーああぁぁああぁ」(ムスカ)


ss-20120527-IMG_2934.jpg

じゃ私、お部屋の風呂に入ってくるね!v(`ゝω・´)☆ ←鬼


最近、温泉であったまると急速にオッサン化する自分を止められない。

「はーたたたたたたたたたたた」
「いやいやいやいやいやいやいや」
「はー あーったけー」
「ごくらくごくらくー」

「そろそろ出ようかな よっこいしょういちーっと」


ウソだ・・・こんなの私じゃない・・・
2012.06.01 Fri l たび l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。