上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
何年ぶりになるのだろう。

かぢさん とこに遊びに行くのは。

前回は・・・写真を見ると、2006年?そんなに前だったっけ?
つい最近かと思ってた。


九州へ行く直前にあった金環日蝕で、トイレの晴れ神さまのパワーを使いきってしまったかと
出発前はずい分気をもんだ天気予報だったけど、実際はそんな心配いらなかった。
天気が良いだけでも、気持ちが全然違うもんね。
だけど、今回の晴れ神さまは、天気を良くしてくれる代わりに、私のお腹を急降下させ、
出発前日に1.5キロも痩せてしまう有様に。(お食事中の方すみません)

はなはだ心配な腹調子で、 Midoriさん と向かった北九州空港。
もう、あまり、腹のことは考えるまい。


迎えに来てくださったかぢさんと再会を喜び合い、車に乗り込む。
私の長年にわたる暑苦しいリクエストにより、これから、大分県の玖珠町にある
近代産業遺産に連れて行ってもらえるのだ。
しつこくしていれば、願いはいつか、かなうのだなあ(みつを)。←迷惑すぎる


助手席の窓を少しあけて、風の匂いをかぐ。
慣れない土地に来たときの習性だ。

ああ、そうだ。覚えてる、この感じ。
乾いた、優しい、砂色の匂いだった。(この辺は分かる方だけで・・・すみません)

全然知らない匂いじゃないことを思い出して、安心する。


道の駅に降りたり、山道でお水を汲んだりしながらおしゃべりしてたら、着いちゃった。


(夢の)豊後森機関庫---!!!

ss-20120526-IMG_0187.jpg


中央の、今は錆付いている転車台が機関車を乗せて回転し、扇形に広がった車庫へ機関車を
出し入れしたり、方向転換させたりしていたという(夢の)機関庫跡なのです。

★参考 京都:梅小路機関庫(現役)←来月突撃予定


ss-20120526-IMG_0185.jpg

ウワァーーーーイ!!!! ♪ヽ(・∀・)ノ♪)))))))

ss-20120526-IMG_2874.jpg

ウワァーーーーイ!!!! (((((((♪ヽ(・∀・)ノ♪

ss-20120526-IMG_2868.jpg


戦争中に受けた銃痕があるって聞いたんだけれど、どの辺だったのかな・・・

ss-20120526-IMG_2884.jpg



ついでに、すぐ隣を走っているJR久大線も激写ーー!!

ss-20120526-IMG_0197.jpg


わー!!電車来た来たぁ!!

ss-20120526-IMG_2895.jpg






・・・・・・・

・・・・・

・・・


あれ?

あれれ??

みんな・・・テンション、普通???????





ごめんなさい。

ss-20120526-IMG_0202.jpg

お茶飲んで。

かぢさん手作りのお昼ごはんをいただいて。
鳩三郎渡して。唐揚げ食べて。
手作りシフォンケーキ食べて、愛情の詰まった美味しさに泣きそうになって。
もっといっぱい食べたい気持ちを我慢して。


落ち着いた。





はずだった。





のに。





おーーー!!赤いのも来たーーー!!カワイイ!!
ss-20120526-IMG_0230.jpg

ウワァーーーイ!!!! ♪ヽ(・∀・)ノ♪ (だめだこりゃ)





そんなこんなで。

思いがけず、ここでゆっくりまったり。

上空で白く煙る厚い雲も、夏の予感満載で、少しだけ涼しい風を運んでくる。

あー。

ここに来られるなんて。

夢みたい。




今回、この場所がルート上に選んでもらえたのは、前回遊びに来たときの経緯にある。
近くの幹線道路を同じように大分に向かって通過中に、扇形の異様な外観を持つ建物が突如現れ、
あっさりとココロを奪われてしまったのだ。
後部座席から、何だありゃ???と身を乗り出したのを覚えてる。
帰って、たまたま読んでた廃墟雑誌に特集されてたのが、豊後森機関庫だったのだ。


また行ける機会があるのかな。

行けるなら、また3人で行きたいな。

諦めにも似た気持ちで、次があったら行きたいよーとかぢさんにメールした。




覚えててくれて、ありがとう。

本当に嬉しかったです。

また3人で来れてよかった。



機関庫を出発したあと、かぢさんはわざわざ、前回私が恋におちた箇所に車をまわしてくれた。

ss-20120526-IMG_2905.jpg


泣いた。





その後、コーフン覚めやらぬまま移動。

大粒冷凍ブルーベリー食べて美味しくてジタジタしたり、
生まれて初めて四葉のクローバーを発見したり、
時間ないのに、お宿の大きいお風呂で泳いだり、
おいしい夕食を3人で味わったり、
夜中、案の定Midoriさんの寝言に返事してしまったり。

そんな風に終わった魅惑の九州第一日目。
スポンサーサイト
2012.05.30 Wed l たび l コメント (3) l top
あやしい旅動画を肴にイッパイ呑もうかしら(´∀`)クスクス(笑)
2012.05.29 Tue l ヒトリゴト l コメント (4) l top
明日から九州へ行ってまいります。どんなことが待っているかなー^^
2012.05.25 Fri l ヒトリゴト l コメント (4) l top
読み書きそろばん。

学校で習ったことの中で、これ以外ほとんど役に立たない。

と、思ってた。


4月からハハの体力増強を兼ねて、週に1~2回隣町のプールに通っている。
激流ウォーキングコースがあるプールなので、ハハくらいの年齢のややおばあちゃんから
本格的なおばあちゃんおじいちゃんまで、水の中をぐるぐる歩いて体力をつけるにはうってつけ。
私も最初のうちは、流れにむかってぐいぐい歩くのが楽しくて一生懸命やってたけど
何となく途中で飽きてしまい、すぐとなりの深いロングコース(25m)へ行って泳ぐようになった。

ビーチや遊園地のプールではなく、しっかり泳ぐのなんて高校卒業以来かしら。
始めはビート板につかまって、ゆっくり25mを往復。
バタ足に慣れてきたら、ビート板を置いて、少しずつ泳ぐ距離を伸ばしていく。

晴れているときは、天窓から陽の光が射しこみ、光の糸が水中でゆらゆらしてるのが見える。
けっして手を触れることはできない糸。その光を追いかけるように泳ぐ。

最初は暴れるような泳ぎ方で息も絶え絶えだったけど、だんだん思い出してきた。
水を飲まない息つぎの方法、長く早く進むための効率的な水の掻き方。


ここへきて、ハハがかなづちであることが判明してちょっと驚いた。
いつまでも水中ウォーキングじゃつまらんだろうと、ロングコースへ誘ってみたら
口をとがらせて白状したのだ。

ハハ「どこで泳ぎ方教わったの?(*`ε´*)」 

私「学校だよ、水泳の授業あったから」

ハハ「おかあさんの頃は、学校にプール無かったんだもん(*`ε´*)」

私「別に誰も笑ってないよ、気にすることないじゃん」



水泳の先生は、高校2年のときの担任の先生でもあった。
見た目怖いんだけど、優しくて楽しいおっちゃん先生だった。

当時、クラスには私と同じ苗字のコ(オトナ系美女)がいて、先生は二人を区別するため
彼女のことは名前でミキ!と呼び、私のことをボク!と呼んでいた。
(最初はノブ!だったと思うけど、髪短くて乱暴者だったせいか途中から「僕!」に・・・orz)

先生は、私が高校卒業して何年かしたあと、病気で亡くなった。


ハハとの会話から、普段思い出しもしない先生の記憶がよみがえり、
先生に教わったとおりに泳ごう!と思った。


コースに入って、息を吐く。
それから思いっきり息を吸って、壁を蹴り、水の中へ。
10mラインくらいまでバタ足だけで進んでいける。
失速する前に、息をついで、クロール開始。
そうだ、腕の動かし方。それから息のしかた。長く水の中にいられる方法。
思い出してきた。だんだん、思い出してきたぞ。


4月にはじめたときより、25m泳ぎきるのが格段に速くなった。

中1で初めて受けた水泳のテストは、クロール100m。
中2のときのテストは、個人メドレー100m。(バタフライ→平泳ぎ→背泳ぎ→クロール、各25m)
4人で組んでメドレーリレーもやらされたなあ。

よく死ななかったな。あのころ。
小6で25m泳げなかったのに。


夏までに、クロールを50m休みなしで泳ぎきることが今の目標。

ちなみにプールに行った日は腹の減りが尋常ではなく、もりもりご飯を食べてしまい、
泳いでるのに太る、という不思議スパイラルに。燃費が悪すぎるこの身体。
2012.05.25 Fri l ヒトリゴト l コメント (0) l top
金環日蝕の朝。
起きたら、真っ暗で曇ってた。
絶望的に暗い。

でも。
そこは。
頼りの晴れ神さま。

私の晴れ神さまは、昔からトイレにあらせられるので、早速トイレに入ってお祈り。
出張直前に、どしゃぶりの台風を退けてくださったこと、
旅先のトイレでお祈りしたら、観光している間だけ晴れを呼んでくださったこと、
いろいろお世話になったことをあらためて感謝。

しかしなあ。
とっくに日の出時間をすぎてるのにこの暗さ。
心なしか海のほうは雨が落ちてるように見えるけど・・・

いやいやいや。もうね。お願いしたんだし。
今年初採れのズッキーニと厚切りベーコンをクレイジーソルトで炒めて朝ご飯の準備。
春の残りのカブと、ほうれん草でお味噌汁。
熱々ご飯を頬張って、各地の日蝕中継を見てたら、少しだけ東の空が明るくなってきた。

ちょっとだけ期待して空を見たけど、明→暗→明→暗を繰り返し、一向に回復しない。
仕方がない。
もう諦めてたけど、誰かに呼ばれたような気がして、何となく庭に出てみた。


そのとき。


厚い雲が一瞬、切れて。


見えた。


まさに、太陽のリングが完成する瞬間。


ss-20120521-IMG_2838.jpg

ss-20120521-IMG_2840.jpg

写真撮るの忘れてて、慌ててカメラを取りに室内に戻るも、空にクギヅケであまり撮れず。

ss-20120521-IMG_2848.jpg

何かゾッとした。

ss-20120521-P5215428.jpg

ss-20120521-IMG_2853.jpg

写真で見ると、モワモワしてる雲がさらに変な効果を出してて怖い。

少しずつ、月が太陽を横切っていく。



「見れた・・・」

そう呟いた直後、空はまた分厚い雲で閉じられてしまい、太陽は見えなくなった。

金の環ができているほんの数分だけ、空を開けてくれた神さま、ありがとう。
2012.05.21 Mon l ヒトリゴト l コメント (6) l top
日食。
日蝕って書くほうが好きだな。蝕まれてる感が半端ない。

そんなわけで、来週21日は金環日蝕が見られる日。
天体系の話題は好きなほうなのに、日本全国どこでも金環日蝕が見られるものと
勘違いしておりました。

月の本影が通る地域(金環日食帯)でのみ、金環日蝕を見ることができるんだね。
自分の住んでいる街を何となく調べたら、なんと。
日食帯の中でも、月の影のど真ん中が通る地域であることが判明。
完全な金の環を見ることができるらしい!

えー。
日食グラス買ってなかったよー。
どこでも売ってたのに、全然見かけない。
授業の開始時間を遅らせる小学校が続々と出てたのはそういうわけかー。
残念。
次に市内で金環日蝕が見られるのは300年後。
草葉の陰から見るほかあるまい。

と思ってたら、いつも行ってる近所のコンビニで売ってた!
今まで置いてなかったのに。
さすが店主。
見た目はゴジラ熊なのに。←余計なお世話

あとは、当日少しでも雲が晴れますように。
晴れ女パワーを自在に操れるといいのにな。
2012.05.18 Fri l ヒトリゴト l コメント (4) l top
何気なくつけていたラジオから、都内の道路の渋滞情報が流れた。
「小菅ジャンクソンで○㎞の渋滞」とおねえさんが言ったのが聞こえたが、
特に言い直すこともなく、そのコーナーは終わった。

その後、笑顔の素敵な黒人男性、小菅ジャンクソンが勝手に脳内に形成され、
運転中に何度も微笑みかけてきて困った。


*正解は、小菅(こすげ)ジャンクション。
2012.05.17 Thu l ヒトリゴト l コメント (0) l top
隣町の市場で、新鮮なよもぎがたくさん売られていたので、だんごにしてみようと購入。
子どものころ、おばあちゃんが作ってくれたよもぎだんご。草もちって言ってたかな。
口の中に広がる青くさいよもぎの香りと、きなこの甘さが何とも言えないコラボで
餡子が入ってるものより好きだったな。

じゅるり。(想像中)

じゅるり。(想像中)

あれ。(現実)

でも。

だんご。




どうやって作るの????



そんなときはクックパッド先生!
あんまり凝ってない作り方で探した結果、白玉粉を使うレシピでいってみることに。

20120507-IMG_2774.jpg

水で丁寧に洗ったよもぎちゃん。


たっぷりのお湯で茹でたあと、おもむろに包丁を両手持ち。
ほあたぁ!あーたたたたたたたたたたたっ!!
ズドドドドドドドドドドドドド!!

メッタ切りにします。




かなり腕が疲れてきた。

もういい?
粉入れていい?

てな感じで粉とお水を少しずつ投入ー。

20120507-IMG_2775.jpg

けっこうモチモチしてるんだけど・・・合ってる??


20120507-IMG_2778.jpg

やばい。
何か自信なくなってきた。
おばあちゃんのおだんご、こんなに柔らかくないよ・・・



熱湯にボチョボチョ入れて、しばらく茹でます。

茹でたら何か劇的に変わるかも。

うん。きっとそうだ。


20120507-IMG_2784.jpg

あるぇー!!
ぼよんぼよんになったあ!!



ちょっと時間をおいて様子をみてみる。

扉のむこうから、意味もなくそうっと覗いてみる。

20120507-IMG_2786.jpg


相変わらず、ぼよんぼよんだよ(´・ω・`)


でも。

きなこかけたら、妙に美味しい!!

20120507-IMG_2787.jpg

上新粉とかいるんだったのかな。
白玉粉だけじゃモチモチしちゃったもんな。
それとも、よく聞く「だんごの粉」ってやつを買えばよかったのかな??

まだまだ謎はつきませんが、おばあちゃんが「美味しい美味しい」と言って食べてくれたので、
ひとまずよしとしちゃおう。
2012.05.07 Mon l ぶきっちょ仕事 l コメント (0) l top
月が眩しい、って思うことあるんだね。
スーパームーンて。すごいネーミング。

夜、隣町まで運転しているとき、真正面に見えているものが月だって気づくのに
けっこう時間がかかった。どこか遠くの照明だと思ってた。

あいにく、持っていたのが古参のIXYくんだったので
何だか夢のなかのような風景に。

ss-20120505-IMG_6579.jpg

しかし、昼の大嵐怖かったわー。
急に暗くなったので、庭に出てみたら、真っ暗な西の空から、雨と風がぐるぐる回りながら
崩れ落ちてくる波のようにものすごい勢いで迫ってくるのを目撃してしまった。
本物みたことないけど、たぶん砂嵐が吹きつけてくるのと似てる。
もう、走って部屋に逃げ込んだ。
途端に大粒の雨と細かい雹がバラバラーっと音をたてて降ってきて、
濃い黄土色の闇にかすんだ景色の中で稲光が激しく明滅した。

ものの5分でさーっと明るい空が見えはじめて、あっという間にやんでしまった。

うちよりさらに東に住んでいるハハに電話したら、まだまだのんきな感じで
「あーなんかちょっと暗くなってきたけど雨はまだ小降りみた・・・えっあっちょっとっああああああ!!」
と、最後のほう聞き取れず。
「なんじゃこりゃーーーーーーーーーー!!!(優作)」だけ、聞こえた。
2012.05.06 Sun l ヒトリゴト l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。