上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いつもなら、5月のGWにその年の初信州入りをしているのだが、今年は少し早めに行くことに。
名物、高遠城址の桜見物に行くためでーす!(〃'▽'〃)

恒例、朝4時出発。
中央道を北上していくと、季節がどんどん遡っていくのが桜で分かる。
葉桜→花吹雪→8分咲き→5分咲き→咲き始め→ピンク色の蕾 みたいな。

諏訪ICで降り、杖突峠を越えると、扇状に広がる谷に沿うように高遠の町が見えてきた。
朝陽が射し込む斜面には、桜、梅、桃、れんぎょう、水仙が咲き、
家々の軒先には色鮮やかなチューリップが咲きそろっていた。
あまり町の人を見かけないのは、土曜日の朝だからかな?などと思っていると
誘導係の人が近寄ってきて、その先の中学校のグラウンドに停めるように指示された。

駐車場で驚いたのが、桜見物用のパンフを配っているのが学ラン姿の生徒さんたちだったこと。
そして多分、旗を振って誘導してくれてるのは先生・保護者の方!!
体育館のトイレを開放して、手作りの看板持って案内してくれているのも生徒さんだし、
みんなすれ違うたびに笑顔であいさつしてくれる!!
桜茶を淹れて道行く人にふるまったり、地元産のお土産を元気な声で売ったり、
タッパーに入れた漬物を勧めてくれたり。
ほかにも、学校で取り組んだ被災地への支援を分かりやすくまとめて張り出してあったり、
被災地の方々と作った小物を売ったり。もうオバチャンこういうの弱いんだよ・・・(ノД`)アウ
休日返上で頑張っている人たちの姿見たら、メインの桜見物がまだなのに、すごく嬉しくなった。

20120421-IMG_2712.jpg

20120421-IMG_2713.jpg

学校のすぐ上から、城址へ向かうシャトルバスが出ているので利用することに。
他の駐車場もこんな感じで町の人たちがお世話してるのかな。
集落内で人影を見かけなかったのは、朝早くからこのために出払っていたからなのかもね。



着いたー!

20120421-IMG_0012.jpg

20120421-IMG_0015.jpg

ここで咲いているのは 「高遠小彼岸桜」 という種類の桜。染井吉野よりも少しピンクがかっている。
何だか山全体があったかく感じる。

20120421-IMG_0023.jpg

お堀の中にも桜。

20120421-IMG_0040.jpg

20120421-IMG_0021.jpg

みんな桜色の日なたでのんびり。
まだ朝8時すぎなのに早起きだなあ。(私は3時起きだけど)

20120421-IMG_0043.jpg

20120421-IMG_0045.jpg

20120421-IMG_0062.jpg


ちょっと小腹が空いたので、屋台コーナーへ突入ー。

20120421-IMG_0068.jpg

20120421-IMG_0075.jpg

朝から豚串か!


桜のおまんじゅうを売っていたお店で、かわいい店番ちゃんがいた。
うちの姪っ子くらいだから、5歳?6歳?くらいの男のコ。
箱入りの大きいのはお母さんが売る当番。店番ちゃんはバラのおまんじゅうを売る当番。
ハニカミながら「おまんじゅういかがですかー」と言っている声が聞こえたので
オバチャン駆け寄って、「おまんじゅうください」って言っちゃったよ!
手のひらにぴったり数えた小銭をひろげて、男のコに見てもらってから、おまんじゅうを受け取った。
オトナだから。ちゃんとしないと。

そのおまんじゅうがあんまり美味しかったので、おみやげ用に箱で買ってもうた(笑)


まだまだ桜。

20120421-IMG_0077.jpg

20120421-IMG_0094.jpg

20120421-IMG_0110.jpg

20120421-IMG_0111.jpg

高遠城といえば、武田信玄の子・勝頼の異母弟である仁科氏が城主であったときに
織田信長・信忠親子の武田攻めにより、落城した、ということくらいしか知らなかったけれど、
そのずい分前に、信玄が信濃平定の拠点として部下の軍師、山本勘助に城の大規模改修を
命じたことがあるそうな。
勘助かあ。 戦国鍋 のおかげでずいぶん印象が変わってしまった(笑)
「ヤマカンで勝負する」ていうときのヤマカンって山本勘助が語源だって知ってた??


20120421-IMG_0112.jpg

たくさん桜を見て、行く春を堪能した。
お城をあとにして何となく振り返ると、雲が晴れて中央アルプスが見えた!!



そしてそして、最後はやっぱり・・・



20120421-IMG_0138.jpg

大好きご当地マンホールーーー!!!

マンホールも桜三昧です♪




--オマケ--*

甲府盆地の桃色の斜面。
桃畑では、いま桃の花が満開♪初めて見たー!!

ss-20120422-IMG_2723.jpg
スポンサーサイト
2012.04.22 Sun l 信州 l コメント (3) l top
気づいたら、買っておいたバナナが真っ黒に完熟中。
余ってたホットケーキミックスを使ってパウンドケーキを作ったYO!

ss-20120419-IMG_2701.jpg

ss-20120419-IMG_2710.jpg

バナナ、うまっ!

おばあちゃんとこに持っていこうー(*^ω^*)


2012.04.18 Wed l ぶきっちょ仕事 l コメント (0) l top
巷でウワサのザクとうふ。

そう。ザクの、豆腐。ザクの豆腐です。(大事なことなので2回言いました)

ガンダム生誕から30周年をすぎた今も関連グッズの人気は絶好調。
このお豆腐も発売と同時に売り切れてしまい、首都圏でさえ流れてくるのに少し時間がかかると
言われていましたが、つい先日、偶然にも私と妹が別々のスーパーで発見し購入してきたので
実家の冷蔵庫はザクだらけに。おかあちゃんごめん。ちゃんと持って帰るから。

コーフンしつつ開けてみるとこんな感じ。

ss-20120412-IMG_2656.jpg

ss-20120412-IMG_2667.jpg

キヌとはちがうのだよ!って(゚Д゚)


★参考画像★
ss-20120413-IMG_2694.jpg

なんじゃこのコップとかいうツッコミはなしで。



開けまーす。

ss-20120410-IMG_2651.jpg

裏フィルムまでジオンのマークが・・・しかもカポッとなってる絵がカワイイ♪



盛り付けまーす。

ss-20120412-IMG_2688.jpg


モノアイ(目の部分)は、ハム切ってくっつけました。雑です。

ss-20120412-IMG_2671.jpg


こんなことして遊んでいたら、オットが仕事から帰ってきました。
テーブルで繰り広げられている光景を目にして一気にコーフンしたオット。
「ウワーーーィ!!」と駆け寄ってきた勢いでテーブルにしこたま足をぶつけたため
せっかく作ったちびザクのピラミッドが飛び散った(゚Д゚)

ss-20120412-IMG_2692.jpg


やりなおし。

ss-20120412-IMG_2669.jpg


やっべ、楽しいーーーー!!!

ss-20120412-IMG_2690.jpg

ss-20120412-IMG_2693.jpg

あ、申し遅れましたが下にザクのタオルひいてます。


散々遊んだあと、「食べ物で遊んではいけませんッ」という遠い昔のハハの声が聞こえたような気がして
急に我にかえり、お豆腐サラダとして食べたのでした。枝豆味。
ごちそうさまー。



って。あああああああああーーーーー!!!

ss-20120412-IMG_2695.jpg

ハイゴックの腕取れちゃった。うう・・・(涙)
2012.04.13 Fri l ヒトリゴト l コメント (5) l top
何だかんだ言っても。
じたばたじたばた迷ってても。

春はめぐってくる。

ss-20120407-IMG_2490.jpg


毎年どうしても撮ってしまう「幹から突然お花ちゃん」。

ss-20120407-IMG_2465.jpg


空が蒼いほど、花の光が眩しいほど、
あと何回春を迎えることができるのだろうと思ってしまう。

ss-20120407-IMG_2518.jpg

春なのに。秋みたいな、おセンチモード。
2012.04.08 Sun l ヒトリゴト l コメント (0) l top
何気なく新聞を読んでいて目にとまった「氷室椿庭園」の記事。
氷室ック世代にはたまらん名前だなーと思いつつ読んでいくと
いま数百種類の椿の花が咲き乱れており、見ごろはあと数日とのこと。

あのオソロシイ爆弾低気圧が通り過ぎた次の日、青空いっぱい晴れたので
梅干し入れたおむすびとフルーツトマトを首からさげて出発した。

庭園は、茅ヶ崎駅から歩いて15分くらいの住宅街のなか。
あと少し歩いたら海に出る。
爆弾低気圧の名残なのか、海からの風がときおり強く吹きぬけた。

さあ。5DMKⅡ出動だっ!今日は明るい単焦点1本で行くよー!

ss-20120405-IMG_9888.jpg

ファインダーのぞいて気づいた。
このアングルからの椿の小道、何日か前の夢で同じシーンを見た気がする(゚Д゚)

ss-20120405-IMG_9915.jpg

綺麗ー。

ss-20120405-IMG_9912.jpg

花を撮るのは久しぶり。

ss-20120405-IMG_9953.jpg

しまった。PLフィルター忘れたあ(゚Д゚)

ss-20120405-IMG_9956.jpg

ss-20120405-IMG_9963.jpg

あの暴風雨の影響をまったく受けなかったわけではなさそうだけど
周りを取り囲む松林が護ってくれたのかもしれない。
おかげでたくさんの椿に出会えた。

ss-20120405-IMG_9990.jpg

ss-20120405-IMG_9966.jpg

花と対峙し、ココロの目を合わせ、シャッターをきるその瞬間が
言葉にできないくらい心地いいってこと思い出したよ。

ss-20120405-IMG_9993.jpg

椿のなかでも、花びらが一重のものが特に好き。
潔い美しさがその姿にあらわれている、というか。

ss-20120405-IMG_9999.jpg

この花に魅せられて何枚も撮った。花びらの色とか形とか本当に綺麗。
品種の名前を見てみたら「氷室雪月花」。
お庭の名前を冠して、なお雪月花。素晴らしい。欲しい(笑)
2012.04.05 Thu l 散歩 l コメント (0) l top

おばあちゃんと、施設の廊下で歩行訓練をする。
一緒に歩けば私の帰る時間が延びると思っているみたいで、
用事を終えて帰り支度を始めると、「少し歩くかー」と言う。

おばあちゃんの手はひんやりあったかい。


小さいころ、私は幼稚園に行くのが大ッ嫌いだった。
朝、お迎えのバンビのバスがやってくる近所の広場に行っても
友だちと遊んだりおしゃべりしたりするわけでもなく
おばあちゃんの手をぎゅうっと握って、バスがあらわれる角の路地を
涙をためて、じいっと睨みつけてるイヤな子だった。

ハハもたぶん来てくれたと思うけど、思い出の中でいつも手を握ってくれてたのはおばあちゃん。
角を曲がってくるにっくきバンビバスが見えると、おばあちゃんの顔を振り仰いで
「ようちえん、いかなくてもいい?」
「おべんとう、たべきれなくてもいい?」
と、いつも涙目で聞いていた。

そのときおばあちゃんが何と言って私に言い聞かせたのかは覚えてないけど
しぶしぶバスのステップを登るその瞬間まで、私はおばあちゃんの手を離さずにいた。

振り仰いで見上げたおばあちゃんは、いつも頼もしくて心強かった。



エレベーターのガラス扉に映る私は、いつの間にかおばあちゃんの背を追い越していて、
今おばあちゃんは私の手を頼りに廊下に立っている。

背中が曲がって体も細くなったおばあちゃん。
白くなったけど豊かな髪は、ときどき陽だまりで銀色に光ってる。


おばあちゃんの手はあの頃よりもひんやりしていて温かい。

今度は私がおばあちゃんの手をひくよ。
あの頃の私のように、ぎゅうっと握っていいんだよ。

そんなことを思ったら、涙がこぼれそうになって困った。
2012.04.03 Tue l ヒトリゴト l コメント (0) l top
某ソ○ーの今年の4月バカネタ。

20120401-CBIMG007.jpg

えっ

20120401-CBIMG006.jpg

うそっ

20120401-CBIMG005.jpg

欲すぃー!

クリックすると・・・↓

20120401-CBIMG008.jpg


みんなのカバディ。声出して笑った。
2012.04.01 Sun l ヒトリゴト l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。