上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
もう10月も半ばを過ぎたというのに、関東では、おとといなんて30度近くまで気温があがった
というこの異常な天気・・・なのに朝晩は、もう半そで半ズボンじゃいられないんだよね。
一日のなかで暑いのと寒いのが交互にやってきて、ほんと着るものに困ります。
仕方がないので、夏の間はいていた半ズボンに、ホカホカのレッグウォーマーを
あわせてみました。これなら、足全体が冷えることなく、長いの履いて暑くてイヤになることもない。

恥ずかしながら、初めてのレッグウォーマー。
グレーとピンクの縞々♪
なかなかあったかくてイイぞ!

帰宅したオットに見せようと玄関まで迎えに出た瞬間。







オット「・・・ブロディ???」







★参考画像「ブルーザー・ブロディ」
プロレス知らん私でも知ってる、チェーン振り回しながら入場してくるとてつもない外人レスラー。
20111018-IMG_7872.jpg








・・・・・
・・・・
・・・


・・・!!!(憤)








脱いだ。
スポンサーサイト
2011.10.18 Tue l ヒトリゴト l コメント (2) l top
二日目、帰るまでに少し時間があったので、美ヶ原へ。

去年の夏に来て、その雄大な眺めにイタく感動した。
前回は、王ヶ頭(おうがとう 2034m)で折り返してきたけど、今回はその先の
王ヶ鼻(おうがはな 2008m)まで行ってみよう。王様の鼻まで降りるんだ。


いつもながら、悪魔のお城みたいな「王ヶ頭ホテル」(左奥)。
地域のテレビ塔がたくさん建ってるせいなんだけど、真っ暗な嵐の日とか
どんな風に見えるんだろう(ニヤリ)

ss-20111009-IMG_9463.jpg

ss-20111009-IMG_9447.jpg


乾いた風が気持ちいいー。
空が怖いほど澄んでいて、自分の頭の上へ行くほど黒に近い青色になる。
この色見るのが、好きなんだよなあ。

ss-20111009-IMG_9464.jpg


王ヶ頭に到着。
ホテルのテラスで小休止。

携帯で撮ってみた休憩の様子。休憩というわりには、がっつりカレーなど・・・(汗)

ss-DSC_0114.jpg


そして出発。
丘のむこうに王ヶ鼻へ続く道と、北アルプスの姿が。
え?あれって穂高???

ss-20111009-IMG_9475.jpg


ふと振り返ると、南アルプスに向かって飛行機が落ちていくところだった。
ィヨゥロレイヒ~(なんとなく)

ss-20111009-IMG_9474.jpg


ヒィハァ。やっとたどり着いた。
眼下に霞んでいるのは、松本市街。そのむこうは北アルプスの峰々。
目でみたときは、もっと綺麗だったんだけどなー。

ss-20111009-IMG_9484.jpg

あーもう足あがんねぇー。

ss-20111009-IMG_9487.jpg

ss-20111009-IMG_9493.jpg


頂きの石仏の向こうには、さっき通ってきた王ヶ頭。
ずい分歩いてきたなあ。

ss-20111009-IMG_9511.jpg


あ、そうか。
またあそこ通って帰るのかあ。
ガラスの、ガラスの膝がー(このあとさらに時間かけて帰ることに)

時間短くてあっという間の滞在だったけど、天気が良くてのんびりできた気がする今回の長野。
雪が降る前に、もう一度くらい行ってみたいなあ。
くるみそば・・・また食べたいよぅ(>_<)
2011.10.17 Mon l 信州 l コメント (0) l top
先週のことですが、久々に三連休があったので、信州入りしました。
6月に諏訪大社を訪れたとき、家族で心配なことがあったので一生懸命
お願いしてきたところ、無事、願いが届けられたので、今回はお礼参り。

朝4時に神奈川を出発。諏訪大社に入ったのは、8時ちょっと前だったかな。
最近、景色の良さから諏訪南ICを使うことが多かったため、諏訪ICは久しぶり。
ビックリしたよ、IC近くに餃子の王将できてた!!!(ビバ王将)

今回は、時間の都合上、本宮と前宮のみのお参り。
朝の境内は人も少なく、まだ柔らかい陽の光が斜めに射しこんで、
とても綺麗だった。心を込めて「ありがとうございました」と頭を下げた。


いつもの山の小屋に着いて、ひと休み。
さすがにもうストーブつけないと寒いね。
夏の暑さが長かったせいか、そろそろ大好きなカラマツや白樺の黄葉が
始まるころなんだけど、まだまだだったなあ。

山小屋の周りをゆるりと散歩。


何か、こういう何でもない光とか・・・好きなんだよなあ。

ss-20111008-IMG_9403.jpg

ss-20111008-IMG_9412.jpg

ss-20111009-IMG_9526.jpg

ss-20111008-IMG_9418.jpg

ss-20111009-IMG_9533.jpg

ss-20111008-IMG_9423.jpg

ヒィヒィ言いながら、スキー場まであがってみた。

ss-20111008-IMG_9432.jpg

ss-20111008-IMG_9434.jpg

窓を開けてボーっとしてたら、リスが幹を駆け上がっていくのが見えた。
どこにいるか、わかるかな?

ss-20111009-IMG_9537.jpg
2011.10.17 Mon l 信州 l コメント (0) l top
キタァァアアァァァアアァアァァアアアーーー!!!

ss-20110924-IMG_6119.jpg

待っててよかった、このゲーム。
持っててよかった、PS3。

名作「ICO(イコ)」と「ワンダの巨像」がPS3でよみがえりました。
さらにさらに美しくなった映像&音楽で。

辛抱たまらず、おとといからワンダはじめました。(ICOはPS2で経験済みのため)

音楽、特にかっこいいよー。
作曲は、映画ガメラで有名な大谷幸さんだ。




喪われてしまった少女の魂を取り戻すため、
青年ワンダは、愛馬アグロとともに、巨像に立ち向かいます。

操作に少しクセがあるけど慣れてしまえば大丈夫。
巨像は全部で16体。それぞれが精巧に作りこまれていて、形状も動きも何もかもがカッコイイ。
体のどこかにある弱点を探して攻撃。デカいから、攻略に手こずります。
ずっとボス戦が続くって感じだね・・・

ストーリィの結末をなんとなく知っているんだけど、自分でやってみるのとそうでないのとでは
全然違う、とのことなので、頑張ってやってみたいと思います。

ss-20110927-P9273559.jpg

今日、5体目を倒しました。


「最後の一撃は、せつない」

2005年発売当時のキャッチコピー。

ほんとに、せつないです。
2011.10.02 Sun l ヒトリゴト l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。