上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去年の4月から始めた、青森の伝統手仕事の津軽こぎん。
農民が木綿を着ることを禁じられていた江戸時代、極寒の地で薄い麻布を少しでも厚く暖かくしようと考え出されたのが、こぎんの始まりと言われている。
麻布の粗い目を木綿糸で刺し埋めていく細かな作業。刺す人独自の様々な模様が生み出され、親から子、子から孫へと伝えられていった。
普段の農作業からハレの日に纏うものまで、暮らしに不可欠だったこぎん。
布を大事に扱ってきた津軽の人々の思いがこもった技法だ。

初めてこぎん刺しを知ったのは、近所の公園で開かれていたフリマでのこと。
骨董品やハンドメイド作品に交じって、不思議な模様の古い巾着が目についた。思わず手に取り、店番のおばちゃんに「これ…何ですか?」と身もふたもない質問をした。
「こぎん刺しの巾着ですよ」
こぎん???こぎんて??
その古い巾着の由来や、こぎん刺しの詳しいことはおばちゃんも分からず、その場はそれで終わってしまったのだが、帰宅後何だかモヤモヤして、仕舞っておいた小さながま口を何となく取り出した。
何年か前、下北半島を旅したときにおみやげで買ってきた小銭入れ。

ああ、やっぱり。これだ。

s-20150105-img14.jpg

刺繍とも違う、何だろう?綺麗だな・・・と思って買ったがま口。
あの時は、こぎんという名前すら知らなかった。
フリマで見かけた巾着の美しさを思い出し、いつかどこかで触れるチャンスがあったらなあと思った。

そして、その後しばらくして、忘れたころに機会が巡ってきた。
偶然と偶然が偶然に重なって、こぎん刺しのものすごい先生に教えていただくチャンスをゲット!!
天性のぶきっちょなので、できるかな?大丈夫かな??と3秒くらい躊躇したけど、易しい模様からゆっくり始めることに。
先生の刺し図のとおりに刺していくと、少しずつ少しずつ模様が浮かび上がってくる。
病み上がりで、普段なら何てことない糸こきの作業ですら腕に負担がかかり辛かったこともあったけど、模様が見えてくるのが本当に嬉しくて、だんだんと大きな布地に発展していった。

そして気づいた。

刺したあと、どうしよう?

どうすんだ。

加工するスキルなんて、さらに皆無。

と、思っていたところに、要塞好き じゃなかった、洋裁好きな知人登場。
彼女は独学ながら、小物から洋服、浴衣、大きなパッチワークまで何でもこなす。
おおおおおおおねがいします、弟子にしてくだせえええええええ!!!!

いつぞやブログに載せた、コチラのこぎんちゃん。

s-IMG_1978.jpg

ヒィヒィハァハァしながら、こんな形になりました。

s-20150105-img15.jpg

さすが生地を厚くするこぎん。
端と端を合わせると、ビックリするくらい厚みが出てワギワギする。
「ねぇここワギワギするよ?すごくワギワギする!」といくら訴えても、「ワギワギって何だよwww」と笑われるだけで、ワギワギまったく解消できずにゴール。

しかし、私の汗と涙のこの鞄を見たこぎんの先生。
頑張ったねぇと私をねぎらいつつも(おい…おい…ワギワギしとるじゃないか…)と目で言ってた。すごく言ってた。
すみません。力足らず。

肩落としていても仕方ないので、いろいろと無謀にトライ。

これが、

s-20150105-img07-02.jpg

こうなって、

s-20150105-img09.jpg

こうなったり。

s-20150105-img12.jpg

パッカン口金のあいぽんケースのつもり。
ジムでのトレーニング中に、あいぽんからBluetoothで音楽聴いたりするための仕様。


ちなみに裏面。有り合わせ感半端ねぇっす。

s-20150105-img13.jpg

ジャージには大きなポッケやベルト通しがないので、苦肉の策としてクリップを投入。
一応、何やらいろいろ考えてる様子がうかがえますね(汗

まだまだ懲りずに、刺してますよー。

s-20150105-img002.jpg

何になってゆくのか、これからお楽しみ。

冬の夜は、手仕事がちょっとだけ捗る気がする。
スポンサーサイト
2015.01.13 Tue l ぶきっちょ仕事 l コメント (2) l top
もうすっかり冬ですなあ。

s-20141209-01fa42-2.jpg

中々ゆっくり作業できる時間が取れない毎日ですが、それでもこうして、いただいた柚子をはちみつ漬けにしたり、

s-20141107-0181_201412091129178d4.jpg

ひとつひとつ渋柿を麻ひもに結んで干したり。
そんなことをしている間に、いつの間にか冬になってるんだよね。

この季節に生姜がとれるってこと、初めて知ったのだけど、いつものごとくお父ちゃんの畑からどっさり届いて、しばしうーーーーん。と考え込んだ。もちろん料理には使う。でも、この量…( ゚Д゚) 置いておいても悪くしちゃうので、何か保存しておく方法はないかと探した結果。

生姜糖を作ることにした。

s-20141208-012d.jpg

一日~二日、天日干ししてます。

s-20141208-0192a.jpg

食べたときは砂糖の甘さがほわんと広がるけど、齧ると生姜の辛味がピリピリ!!
温かいお茶と一緒に食べると止まらない。大人のおやつかなあ。

食べ物以外でも冬支度。
去年、体調崩してて編み上げられなかったオットのネックウォーマー。
その前に自分のをお試しで作ってみたら、思った以上に冬のマストアイテムとなったので、追加で作製中だったのだ。

真ん中で折りたたんで帽子にしたり、うしろ頭からすっぽり被ってゲリラ風情にしてみたり。
冷える室内でも、つけたまま居られるのがポイント高し。早く編んであげよう。

s-20141209-IMG_7130.jpg

今年から始めたこぎん刺しで、ニットに合いそうなブローチを作ってみた。
ひと針ひと針刺してるうちはよく分からないんだけど、だんだん模様が浮かび上がってくるとテンションあがる。これくらいだったら、一日で2個くらいできそう。(それでも遅い)

s-20141209-IMG_7137.jpg

こぎんつながりで。
クリスマスタペストリーを刺した。

s-20141209-IMG_7126.jpg

こんななってます。

s-20141209-IMG_7129.jpg

・・・・・・・・・・ゴーモンでした。出来上がるまでつらかったああああ。曲線とかもう!!!
終わってひと安心。

ドライフラワーを使ったクリスマスリース。
ユーカリの葉がとってもいい匂い。

s-20141209-IMG_7128.jpg

グルーガンっていうの初めて使った。のりのとこアッツいんだね(笑)

最後に、去年手ぬぐいで作ったクリスマスリースを出して、終わり。

s-20141209-IMG_7132.jpg

冬を楽しんで過ごしていけますように。
お腹痛くなりませんように(必死)。
2014.12.09 Tue l ぶきっちょ仕事 l コメント (2) l top
ぶきっちょ夜なべ仕事!

お裁縫スキルゼロの私、また登場。

秋の行楽シーズンに向けてなにやらゴソゴソ始めたわけであります。



ただいま作成中。シッタポン。

ss-20120920-IMG_0846.jpg

sit upon(~の上に座る)という英語から来ている不思議な名前。

一人用レジャーシートとでもいいましょうか。

ガールスカウトをやっていた方はご存知かもしれません。スカウト活動必携。

ナイロンで作るもよし、透明ビニールで作って中に好きな絵を描いて入れるもよし。

何十年ぶりのシッタポン作りにテンション上がる!!

今回は、裏表違う柄の間にキルティングの切れ端を入れてフカフカにする算段。

4辺をぐるりと縫いとめて出来上がり。


最近のシッタポンは、1辺を縫わないで袋状にし、スカウト活動で出たゴミなどを入れて
持ち帰るという使われ方をしているようです。さすがだ。

小さく畳めて便利だよ!





それから・・・

根っからのさるぼぼマニアな私。

かわいい布切れが余ってたので作ってみることにした。

フゥフゥ言いながらだいぶ時間かかって・・・




お腹の手術痕が痛々しいさるぼぼ、一丁できあがり。(涙)

ss-20120920-IMG_0867.jpg

途中で飽きて、頭巾と腹巻を伊勢丹の包装紙で間に合わせるというやっつけぶり。(間に合ってません)

試しにおばあちゃんに見せたら、飲んでたCCレモン吹き出した。
そしてひと言。
「おまえ・・・無理すんなよ・・・」

ごめんなさい。


縫ってるときより、紙にセッケイズを書いてるときのほうが数段楽しかった。何でだ・・・
2012.09.19 Wed l ぶきっちょ仕事 l コメント (3) l top
隣町の市場で、新鮮なよもぎがたくさん売られていたので、だんごにしてみようと購入。
子どものころ、おばあちゃんが作ってくれたよもぎだんご。草もちって言ってたかな。
口の中に広がる青くさいよもぎの香りと、きなこの甘さが何とも言えないコラボで
餡子が入ってるものより好きだったな。

じゅるり。(想像中)

じゅるり。(想像中)

あれ。(現実)

でも。

だんご。




どうやって作るの????



そんなときはクックパッド先生!
あんまり凝ってない作り方で探した結果、白玉粉を使うレシピでいってみることに。

20120507-IMG_2774.jpg

水で丁寧に洗ったよもぎちゃん。


たっぷりのお湯で茹でたあと、おもむろに包丁を両手持ち。
ほあたぁ!あーたたたたたたたたたたたっ!!
ズドドドドドドドドドドドドド!!

メッタ切りにします。




かなり腕が疲れてきた。

もういい?
粉入れていい?

てな感じで粉とお水を少しずつ投入ー。

20120507-IMG_2775.jpg

けっこうモチモチしてるんだけど・・・合ってる??


20120507-IMG_2778.jpg

やばい。
何か自信なくなってきた。
おばあちゃんのおだんご、こんなに柔らかくないよ・・・



熱湯にボチョボチョ入れて、しばらく茹でます。

茹でたら何か劇的に変わるかも。

うん。きっとそうだ。


20120507-IMG_2784.jpg

あるぇー!!
ぼよんぼよんになったあ!!



ちょっと時間をおいて様子をみてみる。

扉のむこうから、意味もなくそうっと覗いてみる。

20120507-IMG_2786.jpg


相変わらず、ぼよんぼよんだよ(´・ω・`)


でも。

きなこかけたら、妙に美味しい!!

20120507-IMG_2787.jpg

上新粉とかいるんだったのかな。
白玉粉だけじゃモチモチしちゃったもんな。
それとも、よく聞く「だんごの粉」ってやつを買えばよかったのかな??

まだまだ謎はつきませんが、おばあちゃんが「美味しい美味しい」と言って食べてくれたので、
ひとまずよしとしちゃおう。
2012.05.07 Mon l ぶきっちょ仕事 l コメント (0) l top
気づいたら、買っておいたバナナが真っ黒に完熟中。
余ってたホットケーキミックスを使ってパウンドケーキを作ったYO!

ss-20120419-IMG_2701.jpg

ss-20120419-IMG_2710.jpg

バナナ、うまっ!

おばあちゃんとこに持っていこうー(*^ω^*)


2012.04.18 Wed l ぶきっちょ仕事 l コメント (0) l top
ss-20120307-IMG_2337.jpg

五色つかった春用マフリャー。

途中で色を変えながら編んでいったので、休憩しやすかった(笑)

実は先週、ほぼ完成していたんだけど、
最後の花飾りをずっとつけずに取っておいたんだ。

ほんとに暖かくなったなあって感じたら、つけようと思って。
それが、昨日。
コート着る必要もないくらいあたたかかった。

また明日から寒い日が続いて、また暖かい日がくる。
そうやって、ゆっくり本当の春を迎えるんだね。

毛糸は、それぞれ野菜の色で染められていて、やわらかな色合い。

ss-20120307-IMG_2335.jpg

もっといろんなもの編んでいけるようになりたいなあ。
2012.03.07 Wed l ぶきっちょ仕事 l コメント (0) l top
猫ミミつきの手編み帽子ーー!!

ss-20120221-IMG_2263.jpg

お伊勢行きに間に合わせたかったな。

天性のぶきっちょさが災いして、3回も編みなおした。

初めてセッケイズなるものを見てやってみたんだ。

自分でかぶるものだから、ちょっと変なところも愛着が持てる。

お花はおまけ。思いつきでくっつけてみた☆

2012.02.22 Wed l ぶきっちょ仕事 l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。