上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
何かもうよく分からないまま、実家のじいじと姪(7歳)に連れられて、正月二日に大山(おおやま)へ。
東丹沢のこの山は、山腹にある阿夫利(あふり)神社までケーブルカーがあり、
そこから山頂まで自分の足で登ることができます。
ここら辺に住んでいる人らなら、子どものころから登って慣れ親しんでいるお山です。
2012秋の挑戦記

三が日とあって、普段よりたくさんの登山客が訪れてました。

ss-20140102-IMG_6517.jpg

ケーブルカーを降りてすぐ、心臓破りの石段が(゚Д゚)
そのあと、どんどこ山道を登っていきます。

ss-20140102-IMG_6525.jpg

山登りに慣れているじいじは、初登山の姪(孫)を始めのころこそ気遣っていましたが、
だんだん自分のペースを出し始めて、気づいたら遥か上へ。

姪の大声でじいじを呼んでもらい、途中で休憩(*´-д-)フゥ
叔母ちゃんと姪。

ss-20140102-P1020148.jpg

登っている間に、遠くの景色をみたり、足元の不思議な形の石を見つけたり。

ss-20140102-P1020143.jpg

ss-20140102-IMG_6527.jpg

登り始めて1時間40分。
ようやく頂上に到着!1,252m。

ss-IMG_1196.jpg

富士山や相模平野がよく見えました!

ss-20140102-IMG_6529.jpg

ウチ、あの辺かなあ。

ss-20140102-IMG_6528.jpg

頂上付近は数日前に降った雪がまだ残っていて、登ってきて温まっていた体の熱を
すぐに奪ってゆきます。上着を着なおして、じいじがうどんを煮込むのをお手伝い。
ただ息を吐くだけで白くたなびいていくので、天気は良くてもどれだけ外気が冷たいのかが分かる。

ss-20140102-IMG_6541.jpg

ss-20140102-IMG_6544.jpg

ワ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪白菜入り♪

ss-IMG_1206.jpg

持参したおむすびも、林檎も食べてやっとひと息。

眼下に広がる遠くの景色を楽しみます。

ss-20140102-IMG_6548.jpg

ss-20140102-IMG_6549.jpg

スカイツリーが見えるよ!とどれだけ言っても信じてもらえなかったので、写真を拡大。
ほらねー。見える・・・でしょ?^^


下りのほうが雪が多く、滑らないようずい分気を使ったけど、姪の一人漫才みたいのが面白くて
膝が笑う暇もなく降りてこられました。年内から、少しランを復活させておいたからかな。
翌日は体があちこち痛かったけど、一日たったらもう大丈夫。
今年もいろんな山に行ってみたいと思った、初登山でした。
スポンサーサイト
2014.01.05 Sun l お山 l コメント (2) l top
関東、特に神奈川近辺の人は大山というと普通に「おおやま」と読んでくれる、そんな大山。
いつもながら前置き長すぎですが、二週にわたり大山へ行ってきました。
東丹沢の中では一番人気。小学生のころ遠足で登ったり、校歌の歌詞に入ってたり。
最後に登ってからゆうに数十年たってますが、日向山キッカケで久しぶりに登ってみようかということになりました。

一週目は、大山ケーブル駅→女坂→阿夫利神社下社→見晴台。
ケーブルが動き出す前の早朝。
金木犀の花香るなか歩き始めました。

ss-20121006-IMG_1239.jpg

いきなり始まるちょっと高めの石段。
日ごろの運動不足が物をいい、気分は脱力寸前。

ss-20121006-IMG_1270.jpg

静かな登山道。

ss-20121006-IMG_1257.jpg

ss-20121006-IMG_1263.jpg

ss-20121006-IMG_1300.jpg

途中で野生の鹿に出くわしたり、滝を見たり。

ss-20121006-IMG_1308.jpg

下社を過ぎて、なんだかんだヒィヒィ言いながらも無事、見晴台に到着。

まだ9時すぎですが、ハラ減ったのでお弁当ー。

ss-20121006-IMG_1324.jpg

モグモグしながら、目の前に見える大山山頂。
いつも雲に包まれていることが多いけど、やっぱり朝早いからかなー♪
(雨降り→阿夫利が神社の名の由来とのこと)

ss-20121006-IMG_1321.jpg

とか言って、数秒後に振り返ったら

ss-20121006-IMG_1326.jpg

(゚Д゚)エエエエェェエエェエェェーーーー!!!


元々今日は無理しない行程だったので、食べ終わったら即下山。
標高1000mで高山病にかかっているオットのシリを押しながら、大山1回目終わり。


さて。
懲りずに大山二週目。
今度はぐるりと山の向こう側へ回り込み、峠から攻めるルートです。

ヤビツ峠→山頂

登り始めるとすぐに広がる相模湾の眺望。
光の真ん中に浮かんでいるのは江の島。その向こうは三浦半島かな。

ss-20121013-IMG_1401.jpg

眼下には、さっき走ってきた峠への道。
街からすぐ山へ入ることができるのも人気の一つなんでしょうなあ。

ss-20121013-PA136635.jpg


同じ大山の山頂を目指すのでも、先週の延々石段ルートとはまた違った雰囲気。
尾根を伝って登っていく感じなので、ときどきゆるやかな道も。

ss-20121013-IMG_1404.jpg

でもだいたいは丸太でできた登り道。orz。
体のサイズが合わないのか、足が上がらないだけなのか、けっこうツライんですけど・・・(@_@;)

ss-20121013-PA136631.jpg

途中で振り返ると、丹沢主峰のお姿が・・・
二の塔、三の塔。ずっと右に行くと塔ノ岳、蛭ケ岳。

ss-20121013-IMG_1417.jpg


だんだん足が上がらなくなってきて、ヒィヒィ。
山頂から降りてきた黒シバとおいちゃんに励まされながら。

ss-20121013-PA136583.jpg


ついたー!!!

ss-20121013-IMG_1418.jpg

はー。
すごい。
山好きのおとうちゃんに無理やり連れてこられた記憶しかないので、何か変な気分。
麓から見える山頂はいつも雲に隠れていることが多いのに、今日はとってもクリア。

ss-20121013-IMG_1438.jpg

うちのほう、見えるかなー。

ss-20121013-IMG_1433.jpg

写真ではアレですが、遠くスカイツリーの影が見えておりました。

振り返ると・・・

ss-20121013-IMG_1442.jpg

フ・ジ・サーン!!!\(^▽^)/


自家製の梅干し入れたおむすび、ブロッコリー、ミニトマトとちびウィンナー食べて
ゆっくり山頂を散歩したあとは、阿夫利神社本社の御朱印いただいて下山。

帰りのヤビツで、車道狭いがために激しく恐ろしい目にあいましたが、もう忘れようorz

そんなこんなの秋の丹沢散策。紅葉で混む前にもうちょっと行けるかなー。
2012.10.19 Fri l お山 l コメント (0) l top
日向(ひなた)薬師の彼岸花、見てきましたー。

ss-20120929-IMG_1129.jpg

子どものころ、よくキャンプに来た東丹沢の日向薬師。
毎年、棚田に広がる彼岸花のウワサは聞いていたので、天気の良かった週末、
少し早起きして行ってみることに。

ss-20120929-IMG_1193.jpg

駐車場があまり広くないので、朝早めに行ってよかったみたい。

けっこうお客さん来てました。

ss-20120929-IMG_1147.jpg

ss-20120929-IMG_1182.jpg

ss-20120929-IMG_1187.jpg

ss-20120929-IMG_1188.jpg

ALO(オートライティングオプティマイザ)機能をオンにしたら、すごいことになったので、

ss-20120929-IMG_1204.jpg

今日はオフった( ̄ー ̄;)

ss-20120929-IMG_1199.jpg

ss-20120929-IMG_1215.jpg

あぜに沿って、赤・赤・赤。

ss-20120929-IMG_1211.jpg

ss-20120929-IMG_1221.jpg

ss-20120929-IMG_1223.jpg

散策路出口で、おじいちゃんがサーターアンダギーを揚げていたので思わず買ってしまい
口の中の水分をみんな持っていかれるハメに。でも美味しかったよ★



その後、けっこう急な山道を登って薬師さまの境内へ。
本堂のうらを抜け、梅林を通り抜けると日向山への登山道が続いている。
標高400mちょっとなので、1時間くらいで登れるかな?


ss-20120929-IMG_4506new.jpg

・・・今度、大山行って熊鈴買おう。そうしよう。


ss-20120929-IMG_4507.jpg

ss-20120929-IMG_4522.jpg

しかし、まあ、そんなに、道は、急じゃないとはいえ、
普段、運動、不足な、カラダを、持ち上げるのは、容易じゃない。(息切れしながら書いてます←なぜ)


そんでもって。



着いたーーー!!

ss-20120929-IMG_4494.jpg

ss-20120929-IMG_4488.jpg

遠く、湘南の海岸線と江の島が見えますー。
数日前は、ちょうど反対側(葉山)から江の島見てたんだよなー。
ここでこんな景色が見れるなんて知らなかった。

来た道と逆の方面に降りれば、銀(愛猫)の眠る山のほうへ行くことができるんだな・・・


ss-20120929-IMG_4526.jpg

長野に引き続き、日向薬師にも動員されて、ダンボー放心状態です。何かウス汚れてきたし。



帰りがけ、いつものごとく知らないおばちゃんに話しかけられ、
「しいたけ茶を飲むとキレイになれる」
という超お得な情報をゲット!

やったー・・・なの、か?? il||li_| ̄|○il||li
2012.10.02 Tue l お山 l コメント (2) l top
少し前の話だけど、先月の中旬、無事新しい車が来たので高尾山へお参りに連れていった。

ついでに薬王院まで登山。
今年は例年より少ないとはいえ、すでにスギ花粉が飛び始めているはずなので
念のためマスクをしていったが、案の定途中で酸欠になり取り外すはめにorz


雨上がりの山は、うすく靄がかかり優しい湿り気をおびていた。

ss-20120226-IMG_2266.jpg

高尾山には登るためのルートがいくつかあるが、今回はアスファルトの道を選択。
花や小川がある自然の土の道は滑りそうだったからね。



けっこう急斜面だよ(゚Д゚)

ss-20120226-IMG_2268.jpg


ヒィ。ハァ。

ここまで来ればあとは楽チンだー。(このあとラスボス的に急階段登場)

ss-20120226-IMG_2270.jpg


本堂&薬王院到着ー。

ご本尊をお護りしている天狗さま。

ss-20120226-IMG_2273.jpg


お勤めの時間。修験僧の人たちがほら貝を吹きながらやってきます。

ss-20120226-IMG_2274.jpg

こないだのお伊勢行きで使い終わった御朱印帳を新調。2冊目に入った。


ケーブルカーの駅の近くで、大好きな三福だんごを食らう。

ss-20120226-IMG_2280.jpg

真っ赤な炎で炙られた柔らかいおだんご。ほっかほかー。にょいんにょいーん(伸)
くるみ味噌のたれが、あまじょっぱくて美味しい。
高尾山に来たらいつも食べちゃう。頬ぶくろパンパンだ。むぐむぐ。

雨あがりで、視界はあまり良くなかったけれど、遠く東京スカイツリーの影が見えた。




ふもとに帰ってきた。
おそばであたたまろうと思ったら、お店の壁に悲しいヒトリゴト発見。

ss-20120226-IMG_2284.jpg


最後はやっぱり。

大好き!「ご当地マンホールーーーゥ」(ドラえもん)

ss-20120226-IMG_2277.jpg

うひょー。何かカッケー!!!(^▽^)
2012.03.08 Thu l お山 l コメント (4) l top
八王子にある高尾山へ行った。

GW中の混雑ぶりが分かるほど、踏み固められた登山道。
ケーブルカーもあるけど、今日は空いてるから歩いて登る。平日バンザイ。
山頂まではいろんなルートがあるので、今回は今まで行ったことないルートを選んだ。

信州で、春の訪れがいつもより遅いのを心配したけれど
高尾山は、溢れんばかりの若葉が山を覆っていて、安心した。
アカゲラも初めて見たし。

20110509-IMG_5630.jpg

数日前に降った雨が、道に滲みだして小さな川になっていた。

高尾山は、オットの実家でお参りする習慣があるらしく、毎年2月に山頂下の本堂で
護摩を焚いて厄除けやら交通安全やら、いろいろと願掛けをする。
山伏さんたちがほら貝を吹きながら登場する場面は、いつ見ても何かワクワク。

今回は初めての新緑の季節。登山道は、なだらかになったり急になったり。
崖の斜面にはシャガが満開。登るのに疲れたら花を見て休憩。

20110509-IMG_5609.jpg

山頂までゆっくり登って2時間。
いつも混んでいて近づけない展望台が空いていた。平日バンザイ。

20110509-IMG_8900.jpg

丹沢の峰々と富士山。見えないけど、右下には相模湖がある。
この日も黄砂発生。うーむ。

展望台近くのベンチで、おにぎり頬張りタイム。まだ9時だけどお腹減ったんだもん^^;

このあと、ケーブルカー乗り場の近くにあるお店で「三福だんご」を食べるんだ。
お店の前で炭火で焼いたおだんごが、くるみ味噌でこれでもか!ていうくらい包まれていて
高尾に来たらゼッタイゼッタイ食べることにしている。

本堂でちょちょいとヤボ用を済ませて、また歩いて下山。

標高にしたら山頂でも599mしかないけど、いつでも楽しい。
夏にはビアガーデンが開いたりして、夜でもケーブルカーで気軽に来て楽しめるのがミソ☆

20110509-IMG_8905.jpg
2011.05.09 Mon l お山 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。